• 救命技術を身に着けたサーファーを増やすための講習会がこのほど、いわき市の四倉海岸で開かれました。いわきの海の安全を守ろうと地元のサーファーら90人が受講し、心肺蘇生法やサーフボードを使った救助法の講義、救助ヘリコプターのつり上げ訓練の見学を通して理解を深めました。主催する常磐病院の救命救急インストラクターや市消防本部、海上保安庁の職員、当法人の山内クリニックの岩井淳一医師もサポーターとなって指導しま... 続きを読む
  • 職員にも認知症サポーターの役割を広めようと、当法人では「認知症サポーター養成講座」を平成29年1月より開催しています。認知症キャラバンメイトでもある地域連携・企画広報課の中野美奈課長が講師を務め、17日は看護師・事務職員など28名の職員が受講しました。認知症サポーターの役割は決して特別なものではなく、認知症を正しく理解し、偏見を持たず、認知症の方やその家族を温かく見守る“応援者”であることです。最近では、... 続きを読む
  • 医和生会では通院困難な患者様に対し、在宅訪問診療を実施しています。現在、訪問診療・コスモス訪問看護ステーション合わせて95名の患者様がいらっしゃいます。患者様の情報・ケアの方法を共有すべく、毎月1回、医師と看護師で在宅カンファレンスを開いています。一人ひとりの患者様情報を共有するなかで話題にあがるのは、24時間365日休まずケアにあたるご家族のことでした。● 献身的な介護を続けるご家族のために「現在、自宅... 続きを読む
  • いわき市平の北白土公民館で17日、北白土(37区)・北白土健康体操教室が主催する「健康体操教室」が行われました。講師を務めたのは医和生会通所リハビリテーションの理学療法士・菅波成年科長。今回は「みんなのリハビリ体操!~健康測定を定期的に行いましょう~」と題し、歩行や立ち上がり、バランス測定などを実施しました。同様のイベントは昨年10月にも開催されており、定期的に測定を行うことで自身の健康状態の把握に役立... 続きを読む
  • いわき市のNPO法人「わくわくネットいわき」がこのほど、同市平神谷地区で児童発達支援センターを開所しました。計画から約10年掛かりで誕生したこの施設の名は「わくわくキッズ」。障がい児が日常生活の基本動作などを身に着けられる市内2カ所目のセンターです。内覧会に出席した関係者は、子どもの安全を考えた優しい設計と職員の手作りもある施設内を見学し、込められた愛情に触れていました。● いわき市で2カ所目児童発達支援... 続きを読む

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント