• 直接体外から胃に管を通し栄養を入れる「胃ろう(PEG)」や在宅医療をテーマにしたフォーラムがこのほど、いわき市のいわき芸術文化交流館「アリオス」で開かれました。北海道函館市の北美原クリニック理事長で医師の岡田晋吾さんが、数多くのケア事例も交えながら在宅胃ろうと栄養管理について特別講演。福島県内の言語聴覚士ら6人も一人一人、摂食嚥下などに関するケア事例を発表して共有しました。↑「みんなが楽する在宅胃瘻(ろう... 続きを読む
  • 帰宅して駐車場に車を止めた時、夜の住宅街の坂道を上る怪しい男の影に気付いた。3歩歩いては2歩下がる異様な動き。目を凝らすと片足はスリッパでもう片方は裸足だった。「徘徊(はいかい)者だ。助けないと」そう思った瞬間、恐怖心に襲われた。夜中に女一人で声を掛けたら何をされるか分からない。「やっぱり見なかったことにしよう…」無視して家に入ろうと決めたら心が痛んだ。首から下げている社員証のひもには、「認知症サポー... 続きを読む
  • 職種を超え職員同士同じ気持ちで介護に取り組んでいこうと、当法人グループ・社会福祉法人「いわきの里」は「ケアガイドライン制作プロジェクト(ケアプロ)」を発足し、今月から本格的な取り組みが始まっています。第1弾は、ご利用者様のやりたい事をかなえさせるケアを実現させようと自宅での生活サイクルを聞き取り。このほど開かれた会議では聞き取りの結果を共有し、参加職員はご利用者様の意外な想いを多く確認できて驚き。「... 続きを読む
  • 当法人の小規模多機能型「さらい」のご利用者様がこのほど、いわき市の白土公園でお花見を楽しみました。今年の桜は開花が早く散り始めのタイミングになってしまいましたが、ご利用者様はお茶を飲みながら歌ったりして春の風を感じていました。● お茶とお菓子を味わい談笑お花見は4、5の両日実施。5日はご利用者様7人が職員と公園を訪れました。桜の木の下で記念撮影した後、園内に咲くチューリップも楽しみながら東屋に移動。い... 続きを読む
  • 当法人グループ職員のマナー向上を図る「接遇研修」がこのほど、当法人の会議室で行われました。約10年前に実際に受けた電話応対のクレーム事例を題材に、職員は問題点と改善策を議論。このクレームはマナー改善に取り組む「接遇委員会」立ち上げのきっかけになったもので、当法人職員が決して繰り返してはいけない恥ずべき反省点です。忘れてはならない原点に立ち返り、接遇改善の意識を高めました。● 絶対に繰り返してはいけな... 続きを読む

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント