知ってほしい「訪問歯科」・「平多職種連携の会」で取り組み発表

いわき市平地区の医療・福祉関係者が集う「平在宅療養多職種連携の会」が16日夜、山内クリニック会議室で開かれました。歯科医師が、訪問歯科の取り組みについて発表。出席者の薬剤師や訪問看護師、介護施設の管理者から口腔ケアに関する質問や悩みも出て、職種の壁を越えた情報交換がありました。● 2年前にスタートした「平在宅療養多職種連携の会」高齢化に伴い医療の現場が病院から自宅や施設に移行している中、医師や歯科医、...

どんな施設? ケアマネが情報収集・平地区介護支援専門員交流会

いわき市平地区の介護支援専門員(ケアマネジャー)が15日、市文化センターで地区内の介護福祉施設の情報を集めました。ご利用者様の生活に合った施設を提案する上で、施設の特長を把握することは大切。5事業所の職員から各施設の概要の説明を受け、質問するなどして方針の違いなどを確認しました。● 利用料金、身元保証人、対象者は?このイベントは、隔月で開催される平地区介護支援専門員交流会。入所の申し込みや空き情報の確認...

講義やグループワーク通し多職種連携・「在宅医療推進のための研修会」

いわき市の医療・介護福祉関係者が研さんする「在宅医療推進のための多職種研修会」が12日、いわき市の中央台公民館で開かれました。市内7地区の医療・介護福祉関係者51人が集まり、講義やグループワークを通して情報共有。グループワークでは他己紹介して参加者同士の距離を縮め、つながりをつくっていました。 ● 51人が8時間のプログラム在宅医療と多職種連携の推進のために市医師会と市が主催し3回目。参加者は、医師や歯科医...

お年寄りの力作に驚き! 105歳の短歌も・シルバーフェア創作展

いわき市内のお年寄りが趣味の作品を発表する「シルバーフェア創作展」が18日まで、市文化センターで開かれています。最高齢105歳の短歌を含めた、絵画、書、写真、手芸、俳句、川柳など、技や温もりを感じる力作がずらり。来場者は出品者の年齢を確認するたび驚き、元気をもらっていました。 ● 「美術・工芸」「文学」部門に548点市、市老人クラブ連合会、シルバーフェア2017実行委員会が主催しました。今月2日の歌や踊りの公演...

「変化を乗り越える」決意新たに・当法人の事業計画発表会

毎年10月から新年度が始まる当法人の「平成29年度事業計画」発表会が9日夜、いわき市の当法人会議室で開かれました。来春に医療保険と介護保険の同時改定をひかえ、患者様とご利用者様のために安定したサービスを提供することが本年度の大きな課題。16部署の管理者と3特別委員会の代表が、目標を発表して決意を新たにしました。 ↑本年度の方針を語る山内理事長● 「盤石な医和生会を目指して」新年度の取り組み目標を法人全体で共...