• 医和生会グループのソフトボール部がこのほど、いわき市の平市民運動場で練習を行い、医和生会といわきの里の職員同士が親睦を深めました。甲子園出場の経験がある畠山勲理事が監督を務め、山内理事長やいわきの里の村井弘施設長ら職員11人が参加。「陸上魂」とプリントされたTシャツやサッカー・ウクライナ代表のユニフォームを着た職員も見られ、ソフトボール愛に疑問を感じさせつつも、ラグビーの試合後や勤務明けに駆けつけた... 続きを読む
  • 3月に沖縄を訪れた30代の海外旅行者が麻しん(はしか)と診断され、その後愛知県や東京都など全国的に拡大し、5月16日までに149人の感染が確認されています。いわきから最も近いのは茨城県での発生でした。このようなニュースを見て不安になっている方も多く、当法人山内クリニックにも麻しんの予防接種に関する問い合わせ等も増えています。そこで、麻しんに関する正しい知識を再確認してほしいということで、予防接種担当医の岩... 続きを読む
  • 通所介護サービスの利用者のために作成が義務付けられている「通所介護計画書」をご存知ですか? 当法人の生活相談員がこのほど、当法人やがわせデイサービスで「通所介護計画書」の作成について理解を深めました。作成の目的や書き方のポイントなどをあらためて確認し、作成経験の有無でグループに分かれて疑問点を共有しました。● 援助目標やケア内容、意向を記載する文書通所介護計画書(※)とは、デイサービスやショートステイ... 続きを読む
  • 職員にも認知症サポーターの役割を広めようと、当法人では「認知症サポーター養成講座」を平成29年1月より開催しています。認知症キャラバンメイトでもある地域連携・企画広報課の中野美奈課長が講師を務め、17日は看護師・事務職員など28名の職員が受講しました。認知症サポーターの役割は決して特別なものではなく、認知症を正しく理解し、偏見を持たず、認知症の方やその家族を温かく見守る“応援者”であることです。最近では、... 続きを読む
  • 当法人グループの新入職者がこのほど、当法人の会議室で山内俊明理事長らを前に「行動目標」を発表しました。事前研修最終日に行う毎年恒例のイベント。夢や初心を堂々と語った新入職者は、幹部職員らからエールを受けて現場研修を前に気持ちを新たにしました。● 山内理事長らを前に4人発表最終日の5日まで4日間の事前研修に臨んだ新入職者は、永山優と吉田真希(いずれも大学新卒で医和生会の社会福祉主事)、鈴木大輔と大谷彩華(... 続きを読む

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント