練習重ね、三線お披露目

いわき市の通所サービス「きらくデイサービス」に9日、“沖縄の有名人”が訪れて、三線(さんしん)の音色を利用者に届けました。その謎の有名人に扮した同施設の管理者・佐藤大課長代理が「いつかイベントで演奏したかった」と練習を重ねてきた腕前を、ついにお披露目しました。● 「練習は今年に入ってから」「きらく」は、小規模多機能型さらい、ショートステイも含む「いきいきはうす」内の施設。この日、「いきいきはうす」内の利...