認知症のご利用者様も“店員”に・「オレンジカフェ」サンライフゆもと

いわき市湯本地区の介護老人保健施設「サンライフゆもと」の「オレンジカフェ以和貴」が毎月第4木曜午後1時半から、同施設で開かれています。オレンジカフェは、認知症者や家族が悩み相談でき、住民も認知症予防や地域交流できる場。「サンライフ」の「カフェ」は、認知症のご利用者様も“店員”となりおもてなすほか、管理栄養士が栄養と食べやすさを考えたスイーツを提供するのが特徴です。● 栄養を考えたスイーツいわき市地域包...

毎月第二火曜、イトーヨーカドーに変更!・平地区「オレンジカフェ以和貴」

いわき市平地区の「オレンジカフェ以和貴」が「スカイストア」から「イトーヨーカドー」2階催事場に移転し、12日に初めて開かれました。開催日も毎月第二火曜に変更。カフェでは、医療や介護福祉の専門職が常駐し悩み相談や交流ができます。昨年度まで市のオレンジカフェ運営に携わっていた元嘱託職員が、認知症カフェ発展に役立てようと意識調査アンケートを呼び掛けていたほか、初の来場者らが談笑していました。※「オレンジカフ...

「4点杖、一人に2本貸せる?」・ケアカフェでケアの悩み共有

いわき市の医療・介護福祉者の集いの場「ケア・カフェ」が11日、同市平地区のクロスカフェで開かれました。北海道旭川市発で全国に広がっているカフェ。参加者は福祉用具レンタルの対応の相談をしたり、何気ない悩みを共有したりしました。● ミニ講話後、40人が情報交換この日のケアカフェには、介護支援専門員(ケアマネジャー)やデイサービス職員、病院の相談員、介護ヘルパーら約40人が参加。市内の介護老人保健施設「楢葉とき...

短冊に願い 七夕交流・オレンジカフェ、初参加者も

七夕の7日、地域住民がいわき市平地区のスカイストアで、短冊に願い事を書いて笹の木に飾り付けを楽しみました。認知症や介護を相談する交流の場「オレンジカフェ以和貴」でのイベントで、初めての来場者も見られました。● 市直轄運営の「カフェ」「オレンジカフェ以和貴」は市地域包括ケア推進課が主催。スカイストアでの「カフェ」は毎月第1金曜日に開催され、市内に7カフェあるうちの1つです。ここは市が直轄で運営し、看護...

来場者ゼロの苦節1年超、定着へ大きな一歩・「若者の会」の介護相談カフェ

認知症や介護の悩み相談に乗ろうと毎月第1土曜日、いわき市平地区のレストラン吉福でカフェを開催するボランティア団体「高齢者を支援する若者の会」。誕生した2015年10月から今年2月まで来場者ゼロという“氷河期”を経て、その後は主に医療介護施設の見学者が毎月1~2人が訪れるようになりました。今月1日のカフェでは、チラシを見た住民が、近所で老々介護に悩む女性を連れ出して来場。悩みを吐き出した女性は「また来たい」とす...