介護の詩(うた)㊦~「ありがとう」・ご利用者様の日記より

介護を通して感謝の涙を流したり、自分で自分をほめたり-。80代男性ご利用者様(Aさん)=いわき市平地区=は、認知症の妻を20年以上介護しています。喜怒哀楽が詰まったAさんの日記をご紹介する企画「介護の詩(うた)」の最終回です。↑日記を読み返すAさん● 食事した妻に「食べてくれてありがとう」「“今帰ってきたよ”送迎車より降りた際の大きな元気な声 久方振りに耳にし スタッフの皆さんの苦労に涙流しました。こんなに嬉し...

介護の詩(うた)㊤~腹を立てない・ご利用者様の日記より

家族と人生をともに歩む上で、多くの人が直面する介護。愛するとはいえ、時に怒りを覚えることもあれば、ささいな出来事に喜び感極まる場面も。介護日記につづられたそれらの想いは、どこか介護の詩(うた)のよう。辛い時はどうか一人で抱え込まず、誰かに相談してほしい―。いわき市平地区に住み、2歳年下の妻を介護する80代の男性ご利用者様(Aさん)から介護日記と妻の日記をお借りし、広くご紹介することが許されました。医和生会...