ノリノリ ご利用者様も“演奏”・「いわきスコップ三味線」「いわき花笠音頭」訪問

いわき市の「いわきスコップ三味線」と「いわき花笠音頭」のメンバーが2日、同市好間地区の地域密着型特別養護老人ホーム「サンシャインよしま」を訪れボランティア公演をしました。ご利用者様もスコップ三味線に挑戦し、立ち上がってノリノリで“演奏”。笑顔で音楽を楽しみました。● 「いわき懐めろ友の会」有志でつくる両団体は、約300人所属する市内のサークル「いわき懐めろ友の会」の有志で構成されます。白河市での歌の発表...

超高齢化社会 ボランティアなぜ必要?・これまでの記事を振り返る

これまでに数多くのボランティア活動を取材させていただきました。当法人と社会福祉法人いわきの里に訪問してくださった方々はご利用者様を盛り上げてくださり、ボランティア活動を生きがいとするような想いも見せます。地域で活動する方々の中には、成果が出なくても1年以上認知症カフェを開き続け、徐々に来場者の姿が現れ始めた団体も。超高齢化社会が迫り、なぜボランティア活動が必要なのか。ボランティア活動がお年寄りたち...

「ありがとう」「また来てね」・「下神谷子供じゃんがら」がボランティア訪問

いわき市平地区の「下神谷子供じゃんがら」の子どもたちがこのほど、同市のいわきの里特別養護老人ホーム「ひなた」を訪問し、いわき伝統の「じゃんがら念仏踊り」を披露しました。ご利用者様は、大人さながらの演舞に盛大な拍手を送りました。● 近所住民も見物に8月21日に訪問し、小学3年から高校3年までの16人が出演。「いわきの名物 じゃんがら踊り」と歌いながら、太鼓に合わせて踊ります。太鼓の子どもは時折腰をかがめる独...

じゃんがら鑑賞 ご利用者様が涙・平商業高生、踊り披露

いわき市の平商業高の「郷土芸能保存会」がこのほど、医和生会の小規模多機能型居宅介護施設「すばる」を訪れ、いわき市無形民俗文化財の「じゃんがら念仏踊り」を披露しました。高校生の舞に、ご利用者様は感極まって目頭を熱くさせました。● 定期的に訪問ボランティア同高の「郷土芸能保存会」は、メンバー不足で休部の時期もありましたが、約40年続いているといいます。地元青年会の指導を受けて週1回けいこ。毎月数回、福祉施...

いわき伝統の舞 児童が披露・平窪伝統芸能クラブのじゃんがら訪問

いわき市無形民俗文化財のじゃんがら念仏踊りにも取り組む「平窪伝統芸能クラブ」は、毎年夏に精力的に活動し、市民にいわき伝統の舞を披露しています。7月29日には医和生会の介護サービス複合施設「いきいきはうす」を訪問してじゃんがらを公演。いわき市民の心を揺さぶる演舞に、ご利用者様も感慨深く見入っていました。● 17世紀中ごろから伝わる鎮魂の舞「じゃんがら」いわき市教育委員会が発行する「いわき市の文化財」による...