FC2ブログ
  • お年寄り、障がい者、子どもの視点から災害対策を考える学習会が20日(水)午前10時から、いわき市総合保健福祉センターで開かれます。障がい者の防災研究の第一人者を講師に招いた講演とワークショップの2部構成。会場には、障がい者に関する防災啓発資料や支援ツールが展示されます。介護が必要なお年寄りの災害支援にも参考になる内容です。● 障がい者の防災研究の第一人者が講師講師は、国立障害者リハビリテーションセンター研... 続きを読む
  • 在宅医療出前講座「いきいきと暮らしていくために」が10月28日、いわき市の平体育館で開かれました。市医師会の長谷川徳男会長(長谷川整形外科医院の院長)、松村総合病院の二村浩史外科診療部長、平地域包括支援センター保健師の山野辺リカさんが講演。健康相談のコーナーなどもあり、来場者約50人は在宅医療や健康管理に理解を深めました。 ↑「足とロコモと骨」について講話した市医師会の長谷川会長● 「歩けなくなったら寝たき... 続きを読む
  • いわき市平の北白土地区住民が19日、北白土公民館で健康測定をしました。講師を務めた医和生会の理学療法士・菅波成年科長の指導で、住民28人は歩行やバランスなどのテストに挑戦しました。● 毎月1回開催される「健康体操教室」イベントは、北白土(37区)・北白土健康体操教室が主催する「北白土(37区)健康体操教室」の一環。毎月1回開催されるこの教室はこれまで、認知症予防や笑い、アルコール依存症、看取りなどをテーマにした... 続きを読む
  • お年寄りの低栄養が課題といういわき市久之浜・大久地区でこのほど、同地区の地域防災交流センター「久之浜・大久ふれあい館」を会場に、出前講座が初めて開かれました。住民が管理栄養士から講話を聞き、効果的な食事法や低栄養の住民を発見する方法を学びました。 ↑講話した管理栄養士の笠原さん● 低栄養が課題の久之浜・大久地区四倉・久之浜大久地区中地域ケア会議で、久之浜・大久地区のお年寄りの低栄養が問題になったのが... 続きを読む
  • 世界初のロボット治療機器「HAL®(ハル)医療用下肢タイプ」を福島県で初導入したいわき市の「いわき病院」が5日夜、同市総合保健福祉センターで成果を報告しました。今年4月の導入から7月まで患者4人が使用し、歩行や立ち上がりなどの動作で改善が見られました。● 電位信号を読み取り、身体動作を補助HALは、患者が体を動かそうとする時に発生する筋肉の微弱な電位信号を読み取り、身体動作を補助する治療機器。神経に刺激を与えて... 続きを読む

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント