重症心身障がい児向けデイサービス、開設へ・好間地区「どりーむず」

いわき市初の重症心身障がい児を対象にした放課後等デイサービスの開設準備が、好間地区で進んでいます。その施設名は「どりーむず」。同市のNPO法人「ままはーと」が年末の開所を目標に準備を進め、スタッフやボランティアも募集中。現在市内には重症心身障がい児専用のデイサービス施設がないといい、障がい児が安心して過ごせる場の実現が期待されます。↑本年末開所予定の重症心身障がい児対象の放課後等デイサービス「どりーむ...

母親支援 「自分らしさ、あきらめないで」・子育て支援団体「ウェンディ」

いわき市平地区の子育て支援団体「Wendy(ウェンディ)」は、悩みを共有する交流の場や多彩な講座、託児ルームなどを展開しています。メンバーは「育児に追われ自分らしさを犠牲にしてほしくない」という思いで、母親に自分の時間を楽しんでもらえるよう活動。7月21日には夏休みの宿題を進めるイベント「夏ともをやろう!!」を開き、母親をサポートしました。 ↑母親が自分の時間を楽しむ間、子どもたちの宿題を見守るイベント「夏と...

発達障がい児も暮らしやすい地域に・家族会「スワンキッズくらぶ」

いわき市勿来地区の発達障害を考える家族の会「スワンキッズくらぶ」は、野外活動や交流イベント、英語や音楽のレッスンなどを展開しています。先月29日には「夏祭り」を開き、子どもたちはゲームを楽しみました。将来羽ばたけるように「みにくいアヒルの子」をモチーフにした「スワンキッズマーク」をつくり、地域に広めて発達障がい児が暮らしやすいまちにしようという目標も。子どもたちは、ゆっくり成長しながら交流を楽しんで...

アレルギーの悩み 「それある!」・仲間で相談し合うアレルギーっ子交流会「もぐのび」

いわき市のアレルギーっ子交流会『もぐのび』は、親子で悩みを共有できる情報交換の場をつくっています。交流会や勉強会、料理教室、試食会などを通して、普段共感してもらえない悩みも仲間同士なら気軽に相談。一苦労な入園・入学の準備もスムーズにできるようにとこのほど、市内の鹿島公民館でイベントを開き、母親は情報交換、児童は自身のアレルギーを説明するための名刺作りを行いました。 ↑入園学に備え情報交換したメンバー...

福島県初の「まぁるい抱っこ」講座・8月30日に郡山市

赤ん坊の抱っこの仕方や姿勢の悩みに応える2つの講座が8月30日、福島県郡山市の「ミューカルがくと館」で開かれます。子育ての講演会や講座を全国で開催する正看護師・辻直美さんが講師を務める福島県初の講座で、郡山市の有志が会を立ち上げて主催します。● 抱っこに詳しい辻さんが講師講師の辻さんは、地下鉄サリン事件や東日本大震災、御岳山噴火、熊本地震などの事件災害の現場で活動した豊富な救急救命の経験を持ちます。看...