FC2ブログ
  • 「いわきをスポーツドクター育成の先進地にする」。そう目標を掲げて去年秋にいわき市に引っ越した伊藤雅紘さん(27)=福岡県出身=は、同市常磐地区のいわきFCクリニックの運営に奔走しています。同クリニックはフィールドワークで2年前に来市した伊藤さん(当時大学院生)らグループのアイデア。スポーツドクターの卵が全国から集まる環境をつくって医師不足の解決に貢献しようと、伊藤さんは設立準備から携わっています。今年1月に... 続きを読む
  • 旭日双光章を受章したいわき市勿来地区のNPO法人「なこそ授産所」理事長の・髙村トミ子さん(79)の祝賀会がこのほど、同市の八幡台やまたまやで開かれました。髙村さんは授産所が全焼した災難を乗り越えた思い出を振り返って謝辞。約280人もの出席者が長年に渡る障がい者福祉の功績をたたえました。↑謝辞を述べる髙村さん● 障がい福祉の道 40年以上髙村さんは40年以上に渡って障がい者が自立できる社会づくりに貢献したとして去年... 続きを読む
  • いわき市内郷の宮2区で毎春開かれる「文化祭」は、住民同士や復興公営住宅に住む住民との交流を活発にしています。定期サロンや自宅で創作活動する住民が、この「文化祭」に自慢の作品を展示。出品や来場者の数は年々増え、会場に立ち寄ったのを機にサロンに通うようになった住民も現れています。5年目を迎えた文化祭がこのほど、宮2区宮沢団地集会所で開催。自信作を来場者に紹介する出展者や、「久しぶり」と顔を出す復興住宅の... 続きを読む
  • 子どもからお年寄りまで交流できる場をつくろうと、いわき市遠野地区の上遠野小学校で「とおの山学校 今昔給食談議」がこのほど開かれました。慣れ親しんだ小学校が会場で、かつてのあだ名で呼び合った参加者は小学校時代にタイムスリップ。“児童”は体操して心地よい汗を流し、孫世代の児童と一緒に給食を楽しみました。● 中地域ケア会議のつどいの場づくり事業の一環常磐・遠野地区の中地域ケア会議の「健康と生きがいづくり部... 続きを読む
  • いわき市内の3地域ごとに障がい児者の地域生活支援拠点の体制づくりが検討されようとしています。3地域のうち小名浜、勿来・田人の両地区でつくる南部地域が先陣を切り、このほど障がい児者支援事業所が集まった「ネットワーク会議」を勿来支所で初開催しました。参加した事業所職員は、介護者の入院などで障がい児者が一人になる場合を想定した「緊急時の対応策」をテーマに話し合いました。● 「地域生活支援拠点」 2020年度末... 続きを読む

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント

カテゴリ