FC2ブログ
  • 認知症のお年寄りが本格的な芸術指導を受けて「やればできる」を実感―。茨城県北茨城市のデイサービス「樹楽 団らんの家 五浦」のご利用者様は毎週水曜日、プロの講師から手ほどきを受けて作品作りに励みます。当初は集中力がもたず定着までに時間が掛かったようですが、次第に自発的な行動や自己主張できるように成長。同施設の代表取締役の青木仁子さんは「努力を形として残してあげたい」と語り、作品に触れた家族や親せきも... 続きを読む
  • 高校生に向けた認知症サポーター養成講座「認知症について理解しよう」が12日、いわき市の小名浜高で開かれました。受講した全校生と教諭合わせて約280人は、認知症者への対応方法を学ぶ講話や「〇×クイズ」のほか、全国レベルの同高演劇部による寸劇「こんなときどうする?」を通して、認知症の理解を深めました。↑認知症者への「いい対応」「悪い対応」を寸劇で演じた小名浜高演劇部員● 実力十分の演劇部 認知症対応の寸劇披露... 続きを読む
  • 医療関係者が認知症者ケアの実例を基に勉強する「いわき認知症を語る会」の「認知症事例検討会」が4日夜、いわき市総合保健福祉センターで開かれました。「食事改善」「不眠症」「徘徊(はいかい)」に関する事例発表後、認知症専門医で舞子浜病院の田子久夫名誉院長が、具体的で効果的な認知症者との接し方などを紹介。会場から質問も出て、来場者が認知症ケアに理解を深めました。 ↑専門的なアドバイスをした田子名誉院長(左・舞子... 続きを読む

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント