FC2ブログ
  • ノロウイルスによる食中毒対策を学ぶ当法人感染対策委員会の研修が11月21日、当法人いきいきはうす内のいきいきさろんで行われました。参加した職員13人はノロウイルスの特性や、適切なおう吐物処理法を学びました。●衛生管理アドバイザーによる出張セミナー今年10月、いわき市で開催された「ダスキン衛生セミナー」に参加した当法人の看護師が出張セミナーを依頼。「株式会社ダスキン」で衛生管理アドバイザーとして活躍されてい... 続きを読む
  • 当法人医和生会の職員を対象にした救急セミナーがこのほど、医和生会会議室で開かれました。患者様やご利用者様が突然倒れた際に救助できる技術を身に着けようと2年ぶりに開催。日本救急医学会専門医で災害派遣医療チーム(DMAT)の医師・岩井淳一の指導で、職員は心肺蘇生法に挑戦して実践的に学びました。↑講師を務めた岩井● 1秒でも速く 救急救命技術の大切さ確認11月9、13の両日開催。合わせて職員29人が受講しました。13日は... 続きを読む
  • 当法人グループの主に介護職員がこのほど、当法人のやがわせデイサービスで要介護者の楽な姿勢「ポジショニング」を学びました。安定して座るコツや注意すべき「仙骨座り」などを確認。ご利用者様の事例を通してポジショニングに関する介護の課題や改善策を共有し、実際車いすに座って楽な姿勢を体で感じていました。● 「仙骨座り」に要注意8月1日に開かれた当法人グループ研修の一環。小規模多機能型居宅介護「さらい」と「すば... 続きを読む
  • リハビリテーションをテーマにした当法人グループの研修がこのほど、当法人の通所リハビリテーションで行われました。主に看護職員20人が「関節可動域」「座位姿勢」「筋力強化」に関する3つのリハビリを体験し、それぞれの職場で役立てようと勉強しました。↑「関節可動域」のリハビリを学ぶ職員● 「関節可動域」訓練研修は7月11日に開かれました。講師は当法人通所リハビリテーションの作業療法士、理学療法士の計3人が担当。参... 続きを読む
  • 医和生会グループの職員研修がこのほど、当法人のやがわせデイサービスで開かれ、職員は「介護人としての倫理」をあらためて肝に銘じました。医和生会グループの社会福祉法人「いわきの里」の村井弘施設長が講師を務め、介護施設で虐待(ぎゃくたい)が起こった事例を通して防止策をアドバイスしました。● 「ルールを破るのは悪い事だと本当はみんな分かっている」村井施設長は元体育教諭で小名浜一中などの校長を歴任したほか、健... 続きを読む

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント