新入職員研修を行いました(後編)

新入職員研修には「実際に現場で質問してみよう!」というプログラムが設けられています。介護職として働く先輩スタッフ、生活相談員として働く先輩スタッフに質問に行きました。

「利用者様との関わりで失敗したときはどうしたらいいですか?」
「いつもどんなことを心がけていますか?」
「やりがいは何ですか?」

どんな質問にも先輩スタッフが優しく答えてくれました。

新卒8


新卒9

新卒10


また、医療・介護・福祉の専門職として働く私たちは、「認知症」について正しく理解する必要があります。居宅介護支援事業所の芳賀ケアマネージャーより認知症について講義がありました。

新卒11


講義のはじめ、芳賀ケアマネージャーからこんな言葉がありました。
「これまでのケアは認知症を『病気』としてとらえ、人を中心に考えてきませんでしたが、これからは病気を抱えた人を理解するという視点が大切です。」

認知症になっても、住み慣れた自宅での生活を続けていけるように…医和生会がすべきこと、私たちがすべきことは何か?考えます。



ブログでは一部をご紹介しましたが、他にも様々な研修を終えた3名は、
これから半年間の行動目標を立て、理事長や各部長の前で発表しました。

社会人としてどうなりたいか。利用者さんとどのように接していくか。どんな職員になりたいか。

新卒12

新卒13

新卒14


「結果を出したい」という言葉も聞かれました。…かっこいいぞー!!

これからも一緒に頑張っていきましょう!!

新卒15

新卒16


今後も進化し続ける医和生会で、私たちと一緒に働きませんか?
スタッフ一同、お待ちしております。

職員採用サイト

コメント

非公開コメント