ひな祭りでおやつ作り

桃の節句に合わせたひな祭りイベントが3日、いわき市の小規模多機能型さらいで開かれ、利用者約15人は桜餅風のホットケーキを作って味わいました。この施設の“イベントプロデューサー”が企画した催し、会場は春色と笑顔に包まれました。

DSC_4938 (640x513)

DSC_4814 (640x485)

この施設の行事係は、介護士の遠藤美希さん。去年8月の就任以降、毎月イベントを企画し、これまでクリスマス、たこ焼きパーティー、節分、バイオリニストを招いた音楽会などを開催しました。今回は、桜餅はのどに詰まる恐れがあるので、代わりに食紅で桃色に染めたホットケーキ作りと、お寿司の振る舞いも計画しました。遠藤さんは「イベント企画は得意でない」と謙遜するも、反省は欠かさない熱心さ。節分イベントでは、誤嚥の恐れから甘納豆は飾るだけで食べずに回収したため、次回は柔らかいお菓子を使って節分を演出しよう、と振り返っています。

DSC_4842 (427x640)

↑遠藤美希さん(右)

DSC_4853 (640x578)

DSC_4855 (640x427)

DSC_4955 (640x427)

DSC_4999 (640x390)

利用者手作りの折り紙の桜とおひなさまを飾ったホールで、調理スタート。食紅を入れたホットケーキの生地をお玉ですくい、ホットプレートへ。利用者やスタッフは「いい匂いがする」「生地が『ぷくぷく』してきた」などと盛り上がり。生地がほんのり焦げ、フライ返しで「せーの、よいしょ」と生地を裏返しました。その後、イチゴやバナナ、あんこ、クリームでケーキをデコレーション。ケーキの上に薄切りのバナナを立ててひな人形に見立てた利用者もおり、「食べるより眺めた方がいい」と笑顔。「ひなまつり」の音楽が流れる中、甘酒と一緒に“春の味”を楽しみました。

DSC_4975 (503x640)

DSC_5013 (427x640)

DSC_5071 (640x504)

DSC_5059 (640x558)

DSC_5088 (640x427)


「イベント準備はほかの職員と協力しながらやるので、コミュニケーションを取るいい機会になります。お祭り好きのスタッフが多く、自然と盛り上がる」と遠藤さん。来月は、お花見イベントを予定しています。

小規模多機能型さらい: http://iwakikai.sakura.ne.jp/sarai/

コメント

非公開コメント