FC2ブログ

5. オレンジカフェ以和貴で悩み共有

※2017年9月から、記事中のこのオレンジカフェの日は、「毎月第1金曜日」から「毎月第2火曜日」に、場所は「スカイストア」から「イトーヨーカドー平店2階」に、それぞれ変更となりました。時間は午前11時で変わりません。(2017年9月2日更新)

認知症者やその家族、認知症に関心のある住民らが悩みなどを共有する場「オレンジカフェ以和貴(いわき)」が毎月第1金曜日午前11時から、いわき市平地区のスカイストアで開かれ、来場者は専門家や仲間同士で交流し、認知症に理解を深めています。

DSC_4764 (640x427)

いわき市地域包括ケア推進課が、認知症で悩む住民らの交流の場を設けようと2015年に開設。「以和貴」の名前には、聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条「和を以って貴しとなす」に由来し、住民らが仲良く調和できる環境をつくるという思いが込められています。市の担当者によると、参加者は毎月平地区住民15~20人ほどで、年齢層は40代から最高齢は89歳。相談員として、市内で活動する傾聴ボランティア「みみ」のメンバー2人や、元看護師もボランティアで参加しています。

DSC_4787 (427x640)

今月「以和貴」が開かれた3日、午前11時ごろには住民10人ほどが交流していました。飲み物やお菓子を出すカウンターも設置され、参加者はコーヒーを飲んでひと休み。認知症予防にも役立つ折り紙を楽しみながら会話したり、傾聴ボランティアに日ごろの思いを話したりしていました。毎月参加している女性(89)は、「にぎやかで楽しいです。ケアマネジャーや元看護師など色々な方のお話が聞けて新鮮で、教わることも多いです」と話していました。

このような地域交流の場所づくりを検討している当法人地域連携室の中野美奈さんは「法人の基本方針は、地域との信頼関係を築き、社会に役立つ法人を目指すこと。今後、さらに地域貢献していくためにも、医和生会として、老若男女問わず地域の方が自由に集えて語れるような場所を提供できないか模索したい」と、話しています。

オレンジカフェ以和貴はスカイストアで毎月第一金曜日、午前11時から午後3時まで。参加費は無料で、飲み物代は100円。

いわき市地域包括ケア推進課のオレンジカフェ事業の詳細はいわき市のホームページ

【関連記事】
「オレンジカフェ以和貴・今後の課題は?」 2017年3月14日投稿:http://ymciwakikai.blog.fc2.com/blog-entry-138.html

【医和生会フェイスブック】
週5日、医和生会の活動や地域の医療・福祉に関する情報などをお届けしております。



【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム


【読者アンケート】
いつもご覧になって下さりありがとうございます。日々、試行錯誤しながら情報を発信しております。さらなる改善のため、アンケートにご協力いただけましたら幸いです。以下のリンクがアンケートフォームになります。よろしくお願い申し上げます。
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント