FC2ブログ

18. 学生の実習現場を視察・看護学校教諭が来所

福島県いわき市の磐城共立高等看護学院の手戸邦江教諭が23、24の両日、同市の医和生会コスモス訪問看護ステーションを訪れました。「コスモス」は今年初めて看護学生を実習で受け入れる予定で、手戸教諭は事前打ち合わせも兼ねて訪問看護の現場を視察しました。


DSC_7238 (640x451)

↑患者とコミュニケーションを取る手戸教諭(左から2人目)


● 実習は6月から
手戸教諭は学校で在宅看護論を指導。在宅看護の実習は今年6月から11月まで計42日間、「コスモス」などの市内4施設で行われます。学生は、訪問看護師と一緒に患者1人を担当して看護プランを考案し、現場を肌で感じます。手戸教諭は、「コスモス」での仕事内容や雰囲気を学生に説明するための事前準備として視察に来所しました。


● 在宅看護の現場で驚き
手戸教諭は24日、「コスモス」の訪問看護師・鈴木聡子科長と2軒訪問。1軒目では、患者のバイタルチェックや体重を測定。「この辺は桜が咲くところはありますか?」と尋ねたり、患者の飼い猫が現れると「名前は何ですか?」と優しく語り掛けます。2軒目では、鈴木科長が「(患者が)靴下を脱いでいたから」と浴室でバケツに足湯のお湯をくむと、手戸教諭は患者の要望を読み取った在宅看護ならではの対応に驚いた様子でした。


DSC_7216 (640x621)

DSC_7258 (640x434)


● 「応用力の必要性を感じてほしい」
将来の地域医療を支える“卵”を育成する大切な使命を担う手戸教諭。「基本は変わらないが、在宅の現場では臨機応変に患者に合わせた治療をする応用力が問われる。実習を通して、その必要性を感じてほしい」と、学生に期待します。今回の現場見学を通して「患者の背景を少しでも探ろうと会話しても、うまく応えてもらえない場面もあった。そういった難しさも学生に体験してほしい」と、振り返っていました。コスモスの印象について「患者ごとにどういった看護が適しているのか、職員同士が情熱を持って考え合っていた」と手戸教諭。4月から教諭6年目を迎え、いわきの医療の担い手を育てていきます。

【関連記事】
「どんなお仕事?・訪問看護師」 2017年3月21日投稿:http://ymciwakikai.blog.fc2.com/blog-entry-142.html

【医和生会フェイスブック】

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント