童謡歌って楽しく体操・「さらい」で清水さん指導

いわき市の特定非営利活動法人(NPO法人)の「いわき緊急サポートセンター」のスタッフで、市シルバーリハビリ体操の指導者としても活躍する清水和(かず)さん(72)は毎週2回、医和生会小規模多機能型「さらい」で利用者に体操指導を行っています。

DSC_7589 (640x433)
↑「さらい」で体操を指導する清水さん(左)

● 頭と体を楽しく動かす
清水さんは28日、同じくセンター職員で市シルバーリハビリ体操指導者の渡邊悦子さんと訪れました。刺激を与えられるようにとピンクの服で登場し「おはようございます」「寒いですね」とあいさつ。利用者をいすに座らせたまま、「♪もしもしかめよー かめさんよー」とみんなで歌い、肩や脚を左右交互に上げ下げ。腕、脚、顔などの体操をする中、清水さんは車いすの利用者にも優しく声を掛けます。最後は「あんたがたどこさ」を歌い「さ」の部分で手拍子をするゲームを行いました。利用者は「さ」が多い2番の歌詞に悪戦苦闘しながらも、楽しく体と脳を働かせていました。

清水さんは元看護師で、今でも山登りを楽しんでいるというほど元気。体操後、利用者に「また来ますね」と握手をして帰っていきました。

DSC_7594 (640x368)

DSC_7623 (640x446)

DSC_7699 (429x640)


【特定非営利活動法人(NPO法人)の「いわき緊急サポートセンター」】
https://iwakikinsapo.jimdo.com/

【医和生会フェイスブック】

コメント

非公開コメント