34. 健康・介護の悩み、無料相談・いわき市平サロン「ひなたぼっこ2」

※2017年9月より記事中の開催場所が「スカイストア」から「さわきや(福島県いわき市平中町23-3)」に変更(2017年9月2日更新)

介護や健康の悩みを無料で相談するいわき市平地区のサロン「ひなたぼっこ2(ツー)」が毎月第1と第2の木曜から土曜まで、スカイストアで開かれています。北海道大学老年看護学研究室が運営し、常駐する看護師が訪れる地域住民の心に寄り添っています。

DSC_0154 (640x394)

● 一時は終了も昨秋復活
「ひなたぼっこ」は2012(平成24)年11月に誕生。前年の東日本大震災発災後、当時福島県立医科大看護学部教授だった結城美智子さんが、被災者や避難者を支援する人も心身ともに疲弊している現状を目の当たりにし、支援者を支援しようというのがきっかけでした。当初の運営期間予定が2年間だったため、2014(同26)年12月に活動を終了。だが、その後も悩みを抱える支援者が絶えず、北海道大に籍を移した結城さんが2016(同28)年9月、「ひなたぼっこ2」として再開しました。

DSC_0135 (640x422)

● 「気軽に話せる場所に」
現在は支援者だけではなく、介護などの悩みを抱える方々の相談にも乗っています。会場では、看護師や保健師が、親の介護や育児、避難生活の不安などを傾聴。血圧計もあり、健康チェックも気軽にできます。毎月第1金曜は、いわき市地域包括ケア推進課が主催する「オレンジカフェ以和貴」も同所で開かれ、一緒に住民らの悩みに耳を傾けています。運営スタッフで看護師の能戸洋子さんは「訪れた方々の気持ちが少しでも楽になってほしい。これからも続けて『ここなら気軽に話せる』と思われる場にしたい」と、話していました。来月2017年5月は、金曜と土曜のみ開催します。

DSC_0159 (640x427)

【ひなたぼっこ2】
住所:さわきや(福島県いわき市平中町23-3)
運営日:毎月第1、第2の木曜から土曜日(2017年5月は金曜と土曜のみ)
時間:午前10時~午後3時
参加費:無料
フェイスブック:https://www.facebook.com/iwaki.hinatabokko/
(開催場所を「スカイストア」から「さわきや」に変更(2017年9月2日更新))

【関連記事】
「認知症カフェを開くボランティア団体『高齢者を支援する若者の会』」 2017年4月6日投稿:http://ymciwakikai.blog.fc2.com/blog-entry-154.html

「オレンジカフェ以和貴・今後の課題は?」 2017年3月14日投稿:http://ymciwakikai.blog.fc2.com/blog-entry-138.html

「平地区のオレンジカフェ以和貴」 2017年3月6日投稿:http://ymciwakikai.blog.fc2.com/blog-entry-131.html


【医和生会フェイスブック】
ほぼ毎日、医和生会の活動や地域の医療・福祉に関する情報などをお届けしております。



【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【読者アンケート】
いつもご覧になって下さりありがとうございます。日々、試行錯誤しながら情報を発信しております。さらなる改善のため、アンケートにご協力いただけましたら幸いです。以下のリンクがアンケートフォームになります。よろしくお願い申し上げます。
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント