FC2ブログ

36. 増やすぞ つどいの場・「全国初」、いわき市が新事業

介護予防や支え合う地域づくりを促進しようと、いわき市は本年度から初めて「つどいの場」創出事業に取り組みます。健康や友達づくりの場を近所につくりたい市民に、市は「体」「学」「食」「楽」をテーマにした多彩なプログラムを提案し、会場使用料と講師料を支援します。介護保険給付費が急速に増加しているいわき市で、この事業は現状を打破するための試み。市地域包括ケア推進課の猪狩僚主査は「多彩なプログラムの提案も含めて『つどいの場』づくりを支援するのは、全国初の取り組み。いわきの“つながり”ある未来は『つどいの場』がつくる」と、力強く話しています。

しゃったか2
↑いわき市草野地区で開かれている住民の集いの場「たっしゃか草野」=2017年2月2日

● 急増するいわき市の介護保険給付費
いわき市の介護保険給付費は2016(平成28)年度に289億円に達し、16年前と比べて3.2倍増え200億円増加。厚生労働省によると、2016年(平成28)年の要介護の認定率で、全国、福島県がそれぞれ17.9%、18.8%に対し、いわき市は20.3%。郡山市は17.3%で、いわき市は県内の主要市の中で会津若松市の20.4%に次ぐ2番目の高さです。猪狩主査は、お年寄りが交流する「つどいの場」に参加する人は、不参加者と比べて介護費が平均4万円抑えられるという厚生労働省のデータに触れ「一カ所でも多く『つどいの場』を増やし、一人でも多く参加者を増やすことは、いわきのお年寄りの皆さんの介護予防・健康寿命の改善に欠かせない」と、語ります。

● 支援を受ける条件は?
「つどいの場」は住民が集まるサロン。市が支援するための主な条件は、「参加者の半分が65歳以上」「年一回の健康相談を盛り込んだ年間スケジュール作成」「最低10分以上は運動をする」など。年間補助金は、参加人数や開催回数が多いほど額が増える仕組みで、例えば、年6~12回開催で参加者30人未満なら2万円だが、年13~24回開催で30人以上が参加すれば5.5万円。講師の謝礼の補助金も開催数が増えれば、多く支給される。


補助金目安


● 薬教室、ヨガ、そば打ちなど多彩
「つどいの場」支援の目玉は、多彩なプログラムの提案。市内の医療・福祉関係の14団体などと連携し、健康や仲間づくりのためのメニューを50以上準備しています。運動では、シルバーリハビリ体操、ヨガ、フラダンス、スポーツ吹き矢、太極拳など、座学では、長寿、薬、栄養、認知症、交通教室、救命講習、終活準備などをテーマにした講話があります。「食」関係では、そば打ち、おいしいコーヒーのいれ方、男の料理などの教室が用意され、「レクリエーション」では、フラワーアレンジメント、布ぞうり作り、お笑いトークショー、マジックショー、民話語りなど盛りだくさんです。さらに、プログラムにないものでも、開催希望者の要望に応じて柔軟にイベントをコーディネートします。

● 目標は5年以内に400カ所
2017年4月現在、お年寄りの介護予防サロン「いきいきデイクラブ」や「シルバーリハビリ体操クラブ」など、市が関わるサロンは約340カ所、参加人数は1回平均13人、開催回数は月平均1.8回。市地域包括ケア推進課は、5年以内にそれぞれ、400カ所、1回20人、月2回を目標にしています。猪狩主査は「いわきの未来のために、どんどん広めていきたい」と力を込めています。つどいの場の相談窓口は、市地域包括ケア推進課のほか、市社会福祉協議会、市地域包括支援センター。


【問い合わせ先】
<いわき市地域包括ケア推進課>
電話:0246-22-7465
ホームページ:http://www.city.iwaki.lg.jp/www/job/1459414098343/index.html
フェイスブック:https://www.facebook.com/tsunagaru.iwaki/

<社会福祉協議会と地域包括支援センター>
地区の数が多いので最後に記載しています。

【市地域包括ケア推進課の事業の関連記事】
「オレンジカフェ以和貴・認知症の悩み共有」2017年3月6日投稿:http://ymciwakikai.blog.fc2.com/blog-entry-131.html

「オレンジカフェ事業・今後の課題は?」2017年3月14日投稿:http://ymciwakikai.blog.fc2.com/blog-entry-138.html

【医和生会フェイスブック】
ほぼ毎日、医和生会の活動や地域の医療・福祉に関する情報などをお届けしております。



【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【読者アンケート】
いつもご覧になって下さりありがとうございます。日々、試行錯誤しながら情報を発信しております。さらなる改善のため、アンケートにご協力いただけましたら幸いです。以下のリンクがアンケートフォームになります。よろしくお願い申し上げます。
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2


<社会福祉協議会>
平地区 0246-22-6441
小名浜地区 0246-54-2111
勿来地区 0246-63-2111
常磐地区 0246-43-2111
内郷地区 0246-27-8707
四倉地区 0246-32-2114
遠野地区 0246-89-2111
小川地区 0246-83-1111
好間地区 0246-36-2221
三和地区 0246-86-2111
田人地区 0246-69-2111
川前地区 0246-84-2111
久之浜・大久地区 0246-82-2111

<地域包括支援センター>
平地域 0246-22-1174
小名浜地域 0246-53-4760
勿来・田人地域 0246-63-2140
常磐・遠野地域 0246-43-2151
内郷・好間・三和地域 0246-27-8660
四倉・久之浜大久地域 0246-32-2115
小川・川前地域 0246-83-1411

【訂正(2017年4月19日午前9時更新)】
介護給付費の部分で「6年前と比べて3.2倍に増え」とあるのは「16年前と比べて3.2倍に増え」と訂正いたします。さらに、猪狩主査のコメント部分の「いわきの地域医療の未来は『つどいの場』がつくる」を「いわきの“つながり”ある未来は『つどいの場』がつくる」と、「いわきの医療福祉の改善に欠かせない」を「いわきのお年寄りの皆さんの介護予防・健康寿命の改善に欠かせない」と、それぞれ訂正いたします。大変ご迷惑をお掛けいたしましたが、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント