ハーモニカの音色にうっとり・ボランティア訪問

ハーモニカの演奏会がこのほど、いわき市好間地区の地域密着型特別養護老人ホーム「サンシャインよしま」で開かれ、市内で演奏ボランティアをする夫婦が、ご利用者様の心に優しい音色を届けました。

DSC_3427 (640x422)
↑ハーモニカの演奏に合わせて口ずさむご利用者様=2017年4月28日、「サンシャインよしま」

● 手拍子や口ずさむご利用者様も
演奏会が開かれた先月4月28日、ハーモニカ歴10年以上になる市内在住の伊藤金一さん(85)と泄子さん(75)夫妻が、ご利用者様約25人に披露しました。「春のうららの 隅田川」などと泄子さんが歌い出しとその曲名を紹介した後、金一さんが伴奏から演奏。ハーモニカを巧みにスライドさせ、抑揚をつけて息を吹くと、懐かしいメロディーが会場に響き渡ります。春をテーマにした童謡や歌謡曲など約20曲に、ご利用者様はうっとり。「春が来た」の演奏では、手拍子しながら歌う姿も見られました(記事の後に動画)。演奏後、「みなさんの表情を見ていると、楽しんでいる様子だった」と泄子さん。金一さんは「間違えないように吹いただけ」と、演奏中は納得の音色を披露しようと集中していたようでした。

DSC_3473 (640x427)
↑ハーモニカを演奏する伊藤金一さん(右)と泄子さん

DSC_3518 (640x421)

「サンシャインよしま」は、医和生会グループの社会福祉法人「いわきの里」が運営。伊藤夫妻が同施設にボランティア訪問したのは去年11月に引き続き2回目です。

[広告] VPS


【社会福祉法人いわきの里】
http://iwakinosato.jp/

【音楽関連記事】
「スタッフが三線披露」2017年3月9日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-135.html

【医和生会フェイスブック】
週5日、医和生会の活動や地域の医療・福祉に関する情報などをお届けしております。



【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム


【読者アンケート】
いつもご覧になって下さりありがとうございます。日々、試行錯誤しながら情報を発信しております。さらなる改善のため、アンケートにご協力いただけましたら幸いです。以下のリンクがアンケートフォームになります。よろしくお願い申し上げます。
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント