114. 健康お年寄り市民38.7%は「相談相手いない」・いわき市赤井地区地域ケア会議で調査結果報告や在宅療養劇

いわき市の赤井地区地域ケア会議が4日、同市の赤井公民館で本年度初めて開催されました。住み慣れた地域で暮らし続けるため、住民が支え合う地域を考える同会議。地区住民は、市がお年寄りの健康や社会参加の状況を調査した結果報告や、赤井地区でのお年寄りを支え合う活動紹介、介護が必要でも自宅で生活できることを紹介する寸劇「家で暮らしたい」の公演がありました。

DSC_2408 (640x427)
↑病院ではなくても自宅で暮らし続けられることを紹介する劇

DSC_2306 (640x398)

● 赤井地区地域ケア会議とは
いわき市は2年前、超高齢化社会に備え、住民が支え合う地域づくりを議論するために「市地域ケア会議」を設置。「個別ケア」「小地域ケア」「中地域ケア」、全市レベルの「市地域包括ケア推進」の計4会議で構成。その中でも赤井地区地域ケア会議は特別で、地区の大きさから「小地域」と「中地域」の間に位置する基幹型の会議になります。

DSC_2313 (640x431)
↑お年寄り市民へのアンケート調査結果を報告する渡辺主任主査

● お年寄り市民の健康や社会参加の状況は?
会議には、同地区の区長、民生委員、消防団長、介護支援専門員、デイサービス職員ら約40人が出席。市平地区保健福祉センターの渡辺修主任主査が、「高齢福祉の問題と実体について」と題し、いわき市の急速に進む高齢化率などを紹介。主に介護認定を受けていない65歳以上の市民9800人に健康や社会参加についてアンケート調査した「介護予防・日常生活圏域ニーズ調査」の結果を報告。今年3月7~24日に郵送法で市が実施し、6658人から回答を得たデータです。回答したお年寄りの21.2%が閉じこもり傾向があり、75~79歳世代から顕著に。就労状況は、70%のお年寄りが働いていないが、そのうち15.3%が働きたいという意識も分かりました。「家族や友人以外の何かあった時の相談相手」は、38.7%がいないと答えて最多でした。

DSC_2385 (640x427)

DSC_2356 (640x411)

● 積極的に住民が支え合う赤井地区
住民が支え合っている赤井地区での活動報告は、平地域包括支援センターの職員が紹介。去年初めて実施した同地区の地域ケア会議で、課題が「医療機関がない」「顔の見える関係性の維持」「多世代交流」「つどいの場をつくりたい」だったと振り返りました。生活習慣病予防などの文化講演会や、子どもからお年寄りまで触れ合う三世代交流会、夏休みの朝に児童の勉強会などを開いたと説明。先月の赤井1区の小地域ケア会議の内容も民生委員から報告されました。

DSC_2459 (640x427)

● 「家で暮らせます!」 劇で分かりやすく
介護サービスを使う流れも交える在宅療養の劇は、「平在宅療養多職種連携の会」のメンバーと住民が出演。医師、薬剤師、ケアマネジャー、民生委員、歯科衛生士、シルバーリハビリ体操指導士、デイサービスや平地域包括支援センター職員ら10人が演じました。脳梗塞で退院したばかりの夫と介護に限界を感じる妻が、医療や介護の専門職の連携したケアサポートを受けて、自宅で安心して生活できることを紹介するストーリー。メーンの場面は、薬剤師、ケアマネジャー、歯科衛生士、デイサービスの相談員、民生委員が自宅に集まり、夫婦と一緒に介護方法を相談し合う「担当者会議」です。薬剤師は、薬管理ができる訪問サービスや飲み忘れを防ぐお薬カレンダーなどを紹介します。歯科衛生士は夫の口腔をチェックし、デイサービスと連携して口腔ケアに取り組むことを確認。囲碁クラブとサロンにそれぞれ復帰するのが目標という夫妻に、ケアマネジャーは「行けるように頑張りましょう」と激励しました。劇の合間に、医師が脳梗塞の予防などを講話し、最後には「劇のように、さまざまな専門職の連携したケアにより、退院しても自宅で最期まで暮らせます」と説明。夫婦がシルバーリハビリ体操に参加するという設定で、劇を見ている出席者も一緒に体を動かしました。

DSC_2478 (640x304)

● 民生委員「もっと相談してほしい」
情報共有では、参加者が感想を述べ合いました。赤井駐在所の警察署員は、個人的直感と前置きし「交流のない孤立するお年寄りは、万引きなど犯罪を犯しやすいように感じる」とし、地域住民の結びつきの大切さを主張。民生委員は、「介護予防・日常生活圏域ニーズ調査」の結果を踏まえ、「『相談する相手』の項目で民生委員が8%と低く残念。パーセンテージを上げたい」と、訪問時に相談してほしいと呼び掛けました。デイサービス職員は「赤井にはさまざまなデイサービスがあるが、それぞれタイプが異なる。連携して地域を支えたい」と述べました。

IMG_0150 (640x480)
↑出席者の感想

【関連情報】
「介護予防・日常生活圏域ニーズ調査」の結果の詳細です。
http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000191/simple/2901giji_toujitsu.pdf

【関連記事】
「1回目の在宅療養劇。詳しく紹介」 2017年7月15日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-237.html

「平在宅療養多職種連携の会とは?」 2017年3月17日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-141.html

「内郷・好間・三和地区の中地域ケア会議」 2017年7月27日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-248.html

「市地域包括ケア推進会議の『健康と生きがいづくり』部会」 2017年7月28日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-249.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
いつもご覧になって下さりありがとうございます。日々、試行錯誤しながら情報を発信しております。さらなる改善のため、アンケートにご協力いただけましたら幸いです。以下のリンクがアンケートフォームになります。よろしくお願い申し上げます。
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント