117. 母親支援 「自分らしさ、あきらめないで」・子育て支援団体「ウェンディ」

いわき市平地区の子育て支援団体「Wendy(ウェンディ)」は、悩みを共有する交流の場や多彩な講座、託児ルームなどを展開しています。メンバーは「育児に追われ自分らしさを犠牲にしてほしくない」という思いで、母親に自分の時間を楽しんでもらえるよう活動。7月21日には夏休みの宿題を進めるイベント「夏ともをやろう!!」を開き、母親をサポートしました。

DSC_0124 (640x418)
↑母親が自分の時間を楽しむ間、子どもたちの宿題を見守るイベント「夏ともをやろう!!」=2017年7月21日

DSC_0109 (640x421)

● 始まりは趣味の教室の開催
「ウェンディ」誕生のいきさつは、2007(平成十九)年に始まります。代表・三浦綾さんが0歳の娘と料理教室に参加した際に同伴を拒否された経験から、自分で講師を招いて教室を開こうと決意。その教室を企画開催する「くりーむそぉだ」を立ち上げ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで募った仲間と教室を開催して楽しみました。次第に参加者から託児の要望が増え、本格的にもっと幅広い活動をしようと2009(同二十一)年に「ウェンディ」がスタート。当初6、7人だったスタッフは、現在約20人にまで増えました。現在までに0歳~小学6年生までの託児登録会員を含め、約900組の親子などが利用しています。

DSC_0137 (640x387)

● 活発に交流会 ことしは6地区でも
主な活動では、親子やサークルにスペースを開放する「Wendyカフェ」や母親が育児の悩みを共有するイベント「おしゃべり交流会」「テーマ別交流会」を毎月数回開催。開催日は不定期ですが、「ウェンディ」の拠点を置く三浦代表宅を開放し、母親らが募って情報交換します。「テーマ別」では、「3人以上のお子さまがいるママ」「会津大好きな方」など対象を絞り、話を盛り上げやすくする工夫も凝らしています。「利用する母親は転入者が多い」と副代表の吉田さん。親戚や友達もいない母親が、育児相談やママ友をつくる交流の場となっています。ことしは市内6地区で“出張交流会”を開き、これから小川、勿来、常磐、四倉・久之浜の4地区での開催を控えています。

DSC_0120 (640x403)

DSC_0155 (640x475)

● 多彩な講座、一時保育、出張保育も
月2、3回開くという託児もできる講座では、母親は趣味の時間を楽しめます。テーマは、手芸、羊毛クラフト、赤ちゃんの写真撮影、陶芸、アロマなど多彩。吉田さんは「かつては講師の依頼をしていたが、近年は講座を開きたいという依頼を受ける」と話し、インストラクターの資格を取得した住民が講座を始める足がかりとしても利用しているようです。さらに、「ゆっくり買い物がしたい」「冠婚葬祭がある」など、息抜きや緊急で託児を希望する母親にも応え、6カ月児から小学6年生までを対象に一時預かりします。企業や団体向けにも“出張保育”を行い「講演会を開きたいけど託児所がない」といった悩みを解消。保育士や市の子育て研修の修了者、育児経験者のスタッフが見守ります。

DSC_0175 (640x460)

● 母の息抜き中、子どもは宿題
ウェンディで行われたイベント「夏ともをやろう!!」では、母親が育児の疲れをいやす間に小学1~4年生8人が勉強。見守るスタッフ3人と「友だちに迷惑を掛けない」など4つの約束を確認して始まりました。児童は、取り組むページをシートにチェックして鉛筆を走らせます。「コンパス貸して」と互いに協力しながら算数に挑む子も。「できた!」と声を上げた子は、スタッフからシートにスタンプを押してもらい、新たなページに挑戦しました。6ページ仕上げた子からお菓子作りもスタート。手作りミニドーナツをフルーツと一緒にカップに入れ、クリームを載せ「いただきます」。「うまい」と息抜きにおやつを楽しみました。

DSC_0259 (640x439)

● 育児でやりたいこと、あきらめないで
「『たくさんの方に支えられて、子育てができた!と感じてもらいたい』というのがWendyの願い」と吉田さん。「育児中に自分のやりたいことをあきらめないよう、子育て家族を応援したい」と考えています。出張交流会も展開し、活動の場も広がっています。「地域の子育てや様々なニーズにも応えて、幅広くお手伝いしていきたい」と話していました。

【ウェンディ(交流会などイベント日程の確認はこちらで)】
ホームページ:http://www.to-ho-net.co.jp/wendy
フェイスブック:https://www.facebook.com/wendy.iwaki
Email:wendy@to-ho-net.co.jp

【育児関連記事】
「障がい児にボランティアでヨガを指導する藁谷さん」 2017年6月24日投稿

「重症心身障がい児(者)と家族の会『スマイル・リボン』」 2017年7月22日投稿

「アレルギーっ子交流会『もぐのび』」 2017年7月29日投稿

「発達障がいを考える家族会『スワンキッズくらぶ』」 2017年8月3日投稿

【「Wendy」など子育て支援関連団体でつくる「こども♡あいネット」参加団体】
http://www.iwaki-kodomokosodate.com/wp-content/uploads/2016/11/%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%AD%E3%81%A3%E3%81%A8%EF%BC%88H28.pdf

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
いつもご覧になって下さりありがとうございます。日々、試行錯誤しながら情報を発信しております。さらなる改善のため、アンケートにご協力いただけましたら幸いです。以下のリンクがアンケートフォームになります。よろしくお願い申し上げます。
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント