167. 歩行やバランスを測定・北白土地区で菅波科長が指導

いわき市平の北白土地区住民が19日、北白土公民館で健康測定をしました。講師を務めた医和生会の理学療法士・菅波成年科長の指導で、住民28人は歩行やバランスなどのテストに挑戦しました。

DSC_9061 (640x427)

● 毎月1回開催される「健康体操教室」
イベントは、北白土(37区)・北白土健康体操教室が主催する「北白土(37区)健康体操教室」の一環。毎月1回開催されるこの教室はこれまで、認知症予防や笑い、アルコール依存症、看取りなどをテーマにした講座が開かれ、地区住民が健康づくりに理解を深めています。6月には、医和生会山内クリニックの山内俊明院長も寝たきり予防について講話しています。

DSC_9046 (640x427)
↑健康測定を指導した菅波科長

DSC_9121 (415x640)
↑前方腕伸ばし

DSC_9107 (640x431)
↑握力

DSC_9087 (441x640)
↑3メートル立ち周り

● 6項目を健康測定
「みんなのリハビリ体操 健康測定」と題したこの日の講座で、地区住民は6項目を測定。「体重」、「握力」、立ち座り回数を測る「30秒間立ち上がり」、バランスを測る「前方腕伸ばし」、歩数と速度をチェックする「5メートル歩行」、Uターンして戻る速度を測る「3メートル立ち周り」に挑みました。自然に歩くスピードで測る5メートル歩行では、測定者から「速過ぎる」と再測定を求められるほど気合が入った住民も。握力では、働いていたころと同じくらいの結果だったという男性もいました。合間にお茶を飲んで休みながら、けがのないよう体を動かしていました。

DSC_9095 (427x640)
↑立ち座り回数を測る「30秒間立ち上がり」

DSC_9160 (418x640)
↑5メートル歩行

DSC_9073 (640x423)

● 来年4月に再測定
菅波科長は、今回の測定を生かして体力を維持するため運動するなど生活を工夫するようアドバイス。今回の記録は平地域包括支援センターが保存し、来年4月に再び測定して健康づくりに役立てます。

【関連記事】
「つどいの場で『フレイル』予防体操」 2017年7月18日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-238.html

「山内クリニックの山内院長が講話」 2017年6月28日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-221.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント