ノリノリ ご利用者様も“演奏”・「いわきスコップ三味線」「いわき花笠音頭」訪問

いわき市の「いわきスコップ三味線」と「いわき花笠音頭」のメンバーが2日、同市好間地区の地域密着型特別養護老人ホーム「サンシャインよしま」を訪れボランティア公演をしました。ご利用者様もスコップ三味線に挑戦し、立ち上がってノリノリで“演奏”。笑顔で音楽を楽しみました。

DSC_0464 (640x427)

DSC_0236 (640x427)

DSC_0382 (640x427)

DSC_0453 (640x427)

● 「いわき懐めろ友の会」有志でつくる
両団体は、約300人所属する市内のサークル「いわき懐めろ友の会」の有志で構成されます。白河市での歌の発表会で偶然「スコップ三味線」のパフォーマンスを見て「これは面白い」と感じた齊藤彰吾代表が2010年、「いわきスコップ三味線」を旗揚げ。その2年後には、民謡も大好きで昔花笠を踊っていた齊藤代表が「いわき花笠音頭」を誕生させました。「スコップ三味線」は11人、「花笠音頭」は6人が、それぞれ週1回練習。年1回ほど福祉施設で披露するほか、年2回の「懐めろ友の会」の公演にも出演しています。「サンシャインよしま」の職員が「懐めろ友の会」のメンバーという縁で、今回のボランティア訪問が実現しました。

DSC_0261 (640x427)

DSC_0307 (640x427)

DSC_0351 (640x427)

● ギターのようにスコップ三味線
この日、両団体の13人が訪問。65~81歳のメンバーは、愛用のスコップをギターのように構え、曲に合わせて栓抜きでたたきます。ご利用者様は手拍子を送ります。齊藤代表が「980円のスコップに色塗っただけ」と言うと会場から笑い。ご利用者様も実際に挑戦し、思い思いに“演奏”します。たたくだけという簡単な方法で迫力の音が出る“楽器”にテンションが上がり、急に立ち上がってエレキギターのように弾きこなすご利用者様もいました。花笠音頭では、着物姿のメンバーが華麗に笠を操り舞います。「かっこいい」「いがったよー」という声を受けていました。

DSC_0492 (640x427)

DSC_0245 (640x427)

DSC_0547 (640x427)

DSC_0522 (640x427)

● 「笑うのが一番」
歌や踊りを通してサークルを盛り上げている齊藤代表は「皆さんに楽しんでもらえればそれでいい。アハラオホラ笑うのが一番」と話します。ボランティア訪問について、メンバーの一人は「元気なうちは元気をわけてあげたい」と今後の公演に意欲を燃やしていました。

DSC_0579 (640x427)

DSC_0590 (640x427)

[広告] VPS
↑動画

【関連記事】
「高齢化社会 なぜボランティアが重要?」 2017年10月28日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-323.html

「ボランティア紹介」:http://ymciwakikai.jp/blog-category-22.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント