195. 「親子で何とか生きのびる」・防災ママカフェ@いわき

いつか必ず来る災害から子どもを守る心構えを身に着ける「防災ママカフェ@いわき」が11月23日、いわき市の東日本国際大で開かれました。東日本大震災や熊本地震で母子への支援活動を展開した講師が、被災した母親の体験談を交えて防災法を紹介。親子60人が講演と防災食の調理試食を通して有事の際に備えました。

DSC_3169 (640x343)

DSC_3112 (640x425)
↑講演したかもんさん

● 全国7000人以上に教訓伝えるかもんさん
講師は、東日本大震災での教訓を生かした社会活動を展開する「(社)スマートサバイバープロジェクト(SSPJ)」の特別講師・かもんまゆさん。東日本大震災で母子へ救援物資を届けた活動を機に、親子で災害の備えを考える「防災ママカフェ」をスタートし、全国140カ所で7000人以上に被災地での体験談を共有してきました。熊本地震では離乳食炊き出しプロジェクトなどを通し、被災した母親100人以上の声を集めた防災ブック「その時、ママがすることは?」を制作して、大災害での教訓を広く伝えています。

DSC_3141 (640x426)

● 大地震直後の生死を分ける10数分間
かもんさんは「ママの為の防災ワークショップ」と題して講演。大地震発生の「瞬間と直後」「翌日から3日後」「4日後から1週間後」のタイムスパンに分けて、その時々で変わる心構えをアドバイスしました。「瞬間と直後」では、大地震が来たら「『その瞬間』を親子で何とか生きのびる」よう訴え「室内での被災者の多くは最初の10数分で亡くなっている。そこを超えれば生存率はグッと上がる」と説明します。「その瞬間」を生き抜くため、つぶされない場所へ移動し、頭を守りしゃがむといった防御法確認。さらに「落ちてくる物との戦いを一つでも減らす」ため、事前に家具の転倒防止用具を使った備えを勧め、その取り付け作業を防災教育の一環として子どもと行うよう呼び掛けました。揺れがおさまったら、けがと情報をチェック。停電でも情報収集できるよう携帯電話のバッテリーや小型ラジオ、応急処置道具の装備を呼び掛けました。

DSC_3176 (427x640)

DSC_3248 (640x447)

● 備蓄食料 子どもが「まずい」と泣く
「乾パンを備蓄していたものの子どもは『まずい』と食べられず、避難所で空腹で泣き叫んだ」という実例では、備蓄用の食料を事前に試食させ、いつも食べるお菓子を準備しておくと落ち着くと対策を紹介。「避難所にコップが一つしかなく、見ず知らずの30数人で回し飲みした」というケースを通し、ペットボトルや水筒の準備も提案。被災したママの声から生まれた教訓の数々を披露し、参加者は真剣な表情でメモを取っていました。

DSC_3314 (452x640)

DSC_3305 (432x640)

DSC_3275 (604x640)

● 加熱剤でご飯炊き
防災食の試食では、9つのグループに分かれて調理。保存食用ご飯はワカメや梅じゃこ、缶入りパンはストロベリーやオレンジなど、味もさまざまです。加熱剤と専用の袋を駆使してご飯を炊きます。試食した幼児はワカメご飯を「おいしい」と味わっていました。

DSC_3104 (640x428)
↑あいさつした緑川代表

DSC_3194 (417x640)

● 「どんな子どもも取りこぼさない防災」
主催は、今年1月に誕生した「はぐくみ防災サポーターズいわき」。市内の「Commune with(こみゅーん・うぃず) 助産師」「ままはーと」「スワンキッズくらぶ」「もぐのび」「いわきマネー教育サポーターズ」で構成されます。講演のあいさつで、緑川琴江代表(もぐのび)が「どんな子供も取りこぼさない防災をめざしたい」と、妊婦、赤ん坊、障がい児、アレルギー児たちも考慮した対策の重要性を語りました。会場には、いわき短期大学のボランティアサークル「わたぼうし」と常磐地区の託児所「キャンディきっず」による託児所も準備されました。

【はぐくみ防災サポーターズいわき】
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/%E3%81%AF%E3%81%90%E3%81%8F%E3%81%BF%E9%98%B2%E7%81%BD%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%8D-288105628329192/

【はぐくみ防災サポーターズいわきメンバー紹介】
「助産師が母親支援する『Commune with(こみゅーん・うぃず) 助産師』」 2017年10月17日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-316.html

「重症心身障がい児の育児支援する「ままはーと」が放課後等デイサービス開設へ」 2017年9月15日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-291.html

「発達障害を考える家族会『スワンキッズくらぶ』」 2017年8月3日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-255.html

「アレルギーっ子交流会『もぐのび』」 2017年7月29日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-250.html

「『いわきマネー教育サポーターズ』の飯田代表」 2017年11月8日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-330.html

【関連団体】
「わたぼうし」(いわき短期大学HPのサークル紹介ページ):http://www.shk-ac.jp/ijc/campus_life_club.html

「キャンディきっず」:https://www.facebook.com/%E8%A8%97%E5%85%90%E6%89%80-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%9A-629589000556185/

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント