FC2ブログ

211. 「医療福祉エンタメ」 障がい者も踊るクラブも企画・「ウブドベ」の岡代表理事がトーク

「医療福祉」と「エンターテインメント」を結び付け斬新なイベントを展開するNPO法人「Ubdobe(ウブドベ)」(東京都)の岡勇樹代表理事を招いたトークイベントが16日、いわき市のカフェ「ichi(イチ)」で開かれました。岡代表理事は聴覚障がい者と踊るクラブイベントや障がい者がパフォーマンスする公演などを開き、若者に福祉を身近に感じてもらうための奇抜な活動を紹介。「医療福祉エンターテインメント」という新しい価値観に、参加者は刺激を受けていました。

DSC_5288 (640x448)
↑「医療福祉エンターテインメント」の取り組みを語る「ウブドベ」の岡代表理事

DSC_5300 (640x427)

● 祖父の認知症を機に福祉の道を選んだ岡代表理事
イベント名は「あたらしいフクシの伝え方の話をみんなでするお茶会」。福祉を身近に感じてもらう多彩なイベントを企画する「フクシノワ」(いわき市)と、市文化振興課と市民有志で今年組織された「いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会」が主催しました。岡代表理事は、祖父が認知症を患ったのを機に音楽療法を学びながら介護や障がい者支援の仕事を始めました。29歳で「ウブドベ」を設立、33歳で厚生労働省介護人材確保地域戦略会議の有識者に選出、36歳で日本財団2017年度ソーシャルイノベーターに選ばれています。

DSC_5283 (640x425)
↑フクシノワを主宰する早坂さん(左)とメンバー

● 「楽しそうだからいいじゃん」
「厚労省に行くと警備員に止められる」という岡代表理事は、黒のTシャツに黒いキャップをかぶったカジュアルなスタイルで登場。初めて介護職に携わった時の体験談では、脳性まひを患った閉じこもりのお年寄りとの横浜巡りを振り返ります。一緒に中華料理を満喫して山下公園を散策した時、そのお年寄りが「もうちょっとここにいさせて。かわいい姉ちゃんがいるな」と喜んでいた様子を振り返ります。岡代表は「楽しそうだからいいじゃん」とその後も一緒に外出するようになり、そのお年寄りは体調も良くなっていったといいます。この出来事を機に、まだ多いという閉じこもりの患者や障がい者が普通に外出できるようにしたいと斬新なイベント企画に取り組みました。

DSC_5244 (640x394)

● 聴覚障がいテーマのクラブ、福祉アトラクション楽しむ商店街巡り
岡代表理事は、これまで開いたイベントのいくつかを動画を交え紹介。聴覚障がいをテーマにしたクラブイベントでは、カラフルなフラッシュライトを浴びるメーンステージで聴覚障がい者がダンスし、手話でしか注文できない手話バーを設置、点字の知識がないとクリアできないアトラクションも用意され、その動画に映る参加者はノリノリ。初対面の4人組で福祉にまつわるゲームを楽しむ商店街巡りも話しました。一人は車いすに乗るルールで、商店街内の福祉関連施設を回ってミッションをクリアしていきます。車いすに乗った人の視点からしかヒントが得られなかったり、手話でないと解けない問題など細かい仕掛けが盛だくさん。地元の施設を回り関係者と話せることでより身近に感じられるという意図もあります。そのほか、障がい者がパフォーマンスするダンス公演や、介護雑誌のデザインなどの取り組みも紹介されました。

DSC_5308 (640x427)

● 新しい福祉像 追求の難しさ
参加した介護や障がい福祉の若手関係者ら約10人は、岡代表理事のトーク後に全員で雑談しました。「ウブドベ」を始めるまでのさまざまな人との出会いについて質問が出ると、岡代表理事は「当時はヒッピーで国を興そうとしていた」というエピソードを披露。参加者からは「企画を実現させるアウトプットの力がすごく、勉強になる」という声も。全国各地の面白い取り組みについての質問では、北海道や青森、沖縄の“奇抜な”人材を紹介。沖縄ではある就労支援事業所の利用者に就労支援としては珍しい漁業体験をさせ、その際海と空に包まれた船上で三線を演奏するという“破天荒”な職員についても語られました。「聴覚障がい者のダンサーは少ない。どうやって出会うのか?」という質問には「飲む。遊んでいると自然に出会う」と岡代表理事。その後話題は、新しい何かに挑戦したくとも受け入れてもらえないという福祉業界の雰囲気におよびます。参加者は「『バリアフリー』と訴えながら、自分たち専門職の枠にバリアをつくって話し合いをしている」「『福祉の仕事をしているからとがっちゃダメ』という雰囲気がある」「社会が求める福祉職のイメージに合わせると、サービスの発想も固定化される」などと意見し合い、新しい福祉像を追求したい一方で難しさも抱えるモヤモヤを共有していました。岡代表理事は雑談中に突然「この曲かっこいい」と会場に流れる音楽が気になり出すなど、「楽しいこと」に夢中な人柄ものぞかせました。

【関連情報】
ウブドベのホームページ:http://ubdobe.jp/

【関連記事】
<フクシノワ>
「主催した『フクシの話をする会』」 2017年6月3日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-198.html

<福祉音楽つながりのシンガーソングライター>
「福祉にも関わる歌詞もつづる岩船さんのライブ」 2017年7月6日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-227.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント