FC2ブログ

233. 介護ケアの基礎を再確認・市ケアマネジメント実践講座

介護支援専門員(ケアマネジャー)たちがスキルアップを図るいわき市の「ケアマネジメント実践講座」がこのほど、いわき市総合保健福祉センターで始まりました。3月までの計8講座を通し、参加者は介護ケアに必要な基礎知識を再確認しています。1回目の講座では、市の高齢者保健福祉サービス、地域包括支援センターの役割、申請書の書き方の講話がありました。(記事の最後に紹介された「いわき市の高齢者保健福祉サービス」なども記載)

DSC_7672 (640x359)

● 今年で20年目の講座
講座は1999(平成十一)年に始まり、今年20年目。今回は、市内のケアマネジャーや介護士、看護師ら34人が参加申し込みしました。3月20日まで計8講座が予定され、行政サービス、お年寄りの権利擁護、口腔ケア、感染症、服薬、障がい者サービス、生活保護制度、認知症、地域包括ケア、ケアプラン作成をテーマに、様々な視点から介護ケアを学べるプログラムが組み込まれています。講師は、市内の医師、歯科医、薬剤師、理学療法士、ケアマネジャー、市職員です。

● 行政サービスなど基本を確認
12日の最初の講座では、市長寿介護課の藤舘克共係長が「いわき市の高齢者保健福祉サービス」、勿来・田人地域包括支援センター管理者の野口富士子さんが「地域包括支援センターの役割について」、市長寿介護課の安部悠一郎事務主任が「ケアマネジャー業務に必要な基礎知識」とそれぞれ題して講話。藤舘係長はいわき市の9つの「高齢者福祉サービス」(※1.記事の最後にサービス一覧)と「敬老事業」を紹介しました。「地域包括支援センターの役割」の講話では、センターの概要、主な業務内容、地域活動、地域包括ケアに向けた取り組みを説明。地域ケア会議の開催など地域ネットワークづくりの紹介もありました(※2.記事の最後に地域包括支援センターが地域活動を発信しているフェイスブックページ)。安部事務主任は、市に提出する基本的な各種介護保険申請を説明しました(※3.記事の最後に介護保険関係申請書等の様式集)。

DSC_7667 (640x388)

● 実践講座は残り5回
会場からは経済的に苦しいお年寄り世帯への支援方法に関して質問があるなど、参加者は真剣な表情でメモを取っていました。実践講座は残り5回。日程は2月22、26、3月9、19、20日で、いずれも午後6時半から市総合保健福祉センターで開講します。今からでも受講可能。お問い合わせは市長寿介護課(http://www.city.iwaki.lg.jp/www/job/1441963509547/index.html)。

※1
【いわき市の高齢者福祉サービス<詳しい内容は間違いのないよう、記載したリンクからご確認ください>】
①配食サービス
内容:老衰や心身の障がいなどの理由で食事調理が困難な方が、1日1食、週6食を上限に配食サービスを1食350円で利用可能になります。
詳細(市HP):http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1454474833594/index.html

②緊急通報システム事業
内容:おおむね65歳以上の一人暮らしの方などに、緊急通報装置を貸します。急病や緊急の連絡手段を確保することで不安や孤独感の解消を図ります。
詳細(市HP):http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000135/index.html

③老人日常生活用具給付事業
内容:一人暮らしのお年寄りらに自動消火器・電磁調理器を給付。
詳細(市HP):http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000183/index.html

④救急医療情報キット配布事業
内容:掛かりつけ医や持病、服薬状況、緊急連絡先など、緊急時に必要な情報を保管するための「救急医療情報キット」を配布。救急隊員が見つけられるよう工夫して保管することで、医療側は緊急時に適切な処置を施すことができます。
詳細(市HPに紹介がないので、お問い合わせは市長寿介護課):http://www.city.iwaki.lg.jp/www/job/1441963509547/index.html

⑤訪問理美容サービス事業
内容:寝たきり状態など外出困難なお年寄りが、訪問理美容のサービス利用券を受け取れます。訪問の交通費を市が負担し、一般利用代は自己負担。
詳細(市HP):http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000179/index.html

⑥寝具乾燥消毒サービス事業
内容:寝具の衛生管理が困難な在宅のお年寄りと身体障がい者を対象に、寝具の丸洗い乾燥消毒のサービスを提供。利用者は基本1割負担。
詳細(市HP):http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000151/index.html

⑦家族介護用品の支給
内容:要介護認定4か5のお年寄りを在宅介護されている家族に、介護用品を購入するための給付券を支給。尿取りパッドと紙おむつの給付で、年額2万円の範囲内。
詳細(市HP):http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000103/index.html

⑧要介護老人介護手当
内容:寝たきりや認知症で常時介護が必要な状態が3ヶ月以上続いているお年寄りを、在宅介護している家族に、年額4万円を上限に介護手当を支給。
詳細(市HP):http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000181/index.html

⑨高齢者等住宅リフォーム(改良)事業
内容:心身障がい者やお年寄りが在宅生活する場合に、住宅の構造など必要に応じて専門家が直接訪問してアドバイス。また、リフォーム工事費の一部を市が負担。
詳細(市HP):http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000139/index.html

※2. 地域包括支援センターが地域活動の取り組みを積極的に発信しているフェイスブックページ:https://www.facebook.com/Npo%E6%B3%95%E4%BA%BA%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E7%A6%8F%E7%A5%89%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%8D-198648233884509/

※3. いわき市の介護保険関係申請書等の様式集:http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000113/index.html

【関連記事】
「2016年度のケアマネジメント実践講座・ケアプラン作成の様子を紹介」 2017年3月23日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-144.html

「市介護支援専門員連絡協議会主催の『受験対策講座』」 2017年8月12日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-260.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント