FC2ブログ

234. 当法人のケアマネも参加 自立支援の助言受ける・介護予防ケアマネジメント支援会議

専門職者がアドバイスしてお年寄りの自立支援を促すいわき市の「介護予防ケアマネジメント支援会議」(※)が始まり3カ月が経過しました。出席するケアプラン作成者(地域包括支援センター職員や介護支援専門員)と介護事業所の職員がペアになって介護ケア事例を提出し、自立支援につながる改善案を受けています。11回目の支援会議がこのほど、いわき市総合保健福祉センターで開かれ、当法人の介護支援専門員(ケアマネジャー)も認知症の夫を介護する女性の事例を提出して出席。司会のスムーズな進行でさまざまな専門職者から具体的な改善策が示され「ご利用者様をより理解できるきっかけになった」と語り、現在助言を実行に移しています。

DSC_9000 (640x427)

※「介護予防ケアマネジメント支援会議」とは:新規要支援1、2などの条件を満たすお年寄りの介護支援計画をケアプラン作成者と介護事業所職員が説明し、専門職者で構成するアドバイザーが「介護予防」と「自立支援」につながる助言をします。本年度のアドバイザーは、医師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、歯科衛生士、地域包括支援センター職員の8職種です。昨年10月にスタート。詳しくは市のホームページ「介護予防ケアマネジメント支援会議について」(※記事末尾にリンク)

● 司会がスムーズに進行 1事例30分
15日夜に開かれた支援会議のアドバイザーは、薬剤師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、管理栄養士、歯科衛生士、地域包括支援センター職員の計7人。ケアプラン作成者と介護事業所職員から3つの事例が提出されました。当法人のケアマネジャー・池田光恵も事例を提出して出席。会議の流れは、プランを作成したケアマネジャーと介護事業所の職員がそれぞれ7分間ずつ説明した後、アドバイザーが12分間助言、最後の4分間で司会の市地域包括ケア推進課の職員がまとめます。1事例、計30分。

DSC_9015 (640x427)
↑事例を発表した当法人のケアマネジャー池田(中央)

● アドバイザーから具体的な改善策
3事例目に発表した池田は、認知症の夫と長女と暮らす要支援1の80歳女性を取り上げ、家族構成、既往歴、性格などを7分間説明。腰痛の悪化で友人とも交流が減り畑仕事もできなくなったため、ケアの課題として腰痛の改善、認知症への不安解消、夫の介護を続けたい気持ちに応えることを挙げました。その女性が通うデイサービスの職員は、施設内での様子や取り組んでいるリハビリ内容などを、同じく7分間で説明。その後12分間、「腰痛が治ったら畑仕事をやりたいか?」「地域の集まりに通いたいか?」など司会による質問に加え、アドバイザーが専門的な助言をします。かつて1700歩歩けていたという情報から、理学療法士は「目標を500~600歩と具体的な数字を設定して、歩行器を使い無理なく自宅周辺を歩いてはどうか」、作業療法士は「身体介護をすると腰痛の悪化につながる。夫のケアマネと連携して負担解消を考えてみては」、言語聴覚士は「腰と畑仕事は相性が悪い。いすに座ったまま鎌で草を刈ったり、プランターを利用したりして、腰に負担が掛からない方法を提案してみては」とそれぞれアドバイス。薬剤師は「服薬後30分横になれない薬も服薬している」と特徴のある薬が多いと再確認を呼び掛け、長期間血圧が180を超えているため「脳梗塞(こうそく)などのリスクを家族に説明した方がいい」と助言しました。最後に司会が意見を4分間でまとめ、改善策を池田とデイサービス職員に提示しました。

DSC_9007 (640x392)

● 提示された改善策 実際行動に
池田は、通常業務の書類に加えてこの支援会議専用の書類を準備するのは少し負担と挙げる一方で、「ご利用者様について質問されても答えられるよう準備できたことで、ご利用者様をより理解できるようになった」とメリットを語ります。アドバイザーから批判されるのではという不安を抱くケアマネジャーもいるようですが、池田は「司会進行があり発表しやすく、アドバイザーの方々からの批判もなかった」と会議の雰囲気について語ります。さらに現在改善策を実行しており、ご利用者様に高血圧の検査を呼び掛け通院させることにしています。これから事例提出する方へのアドバイスとして、池田は「アドバイザーからより専門的なご意見をいただくにはご利用者様の情報収集が大切で、それを分かりやすく伝えるための工夫が必要だと感じた」と語りました。介護予防ケアマネジメント支援会議は毎週月曜日の夜、市総合保健福祉センター、小名浜支所の両会場で交互に開催されています。

【関連情報】
介護予防ケアマネジメント支援会議とは(いわき市ホームページより)(アセスメントシートや「興味・関心チェックシート」など提出書類もこのページのリンクから閲覧できます):http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1510534507994/index.html

【関連記事】
「介護予防ケアマネジメント支援会議の話題があった『ケアカフェ』」 2017年12月18日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-364.html

「介護予防ケアマネジメント支援会議の事業所向け説明会」 2017年10月3日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-364.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント