FC2ブログ

271. 徘徊する認知症者に声掛け 根気強く丁寧に・勿来の金山地区で訓練

徘徊(はいかい)する認知症者に声掛けする訓練がこのほど、いわき市勿来地区の金山集会所で行われました。さまざまな地元団体から参加した住民らが、認知症者への声掛けのポイントを学んで徘徊者役に声掛け。何度同じ話を繰り返されても根気強く丁寧に会話し、関係機関に連絡するための情報を聞き出す練習をしました。

DSC_2471 (640x427)
↑声掛け訓練する住民(左)

● 自治会、民生児童委員、介護職員、郵便局員、警察署員ら参加
金山地区では認知症や徘徊の相談が多いため、声掛けする方法を住民に身に着けてもらい地域で見守ろうと、勿来・田人地域包括支援センターが4日に主催しました。自治会、民生児童委員、介護施設、コンビニエンスストア、郵便局、警察署、保育園、消防団など地元の幅広い団体から約40人が集まりました。地域包括支援センター職員が「驚かせない」「急がせない」「自尊心を傷つけない」という認知症者への対応の心得を説明。その後、4グループに分かれ、地域包括支援センター職員らが扮する徘徊者のいる集会所周辺の4カ所を回りました。

DSC_2491 (640x442)
↑声掛け訓練する住民(中央)

DSC_2505 (430x640)
↑声掛け訓練する住民(右)

DSC_2547 (640x427)
↑訓練後に良かった点や改善点を話し合い

● 同じ事を何度言われても急がせない
風呂を探す徘徊者役や、家に帰ろうとさまようお年寄り役らを順番に対応。赤ん坊の人形を抱いて公園のブランコに座るおばあさん役に、参加者は「いい天気ですね」とアプローチを図ります。「子どもがいない。どこに行ったんだろう」と悲しげに何度も同じ事を言われても、参加者は「一緒に探そう」「見つけたらお家に連れていくよ」などと粘り強く対応。会話を続ける中で、関係機関に連絡するために名前を聞き出そうと試みました。ほかの参加者は「しゃがんで同じ目線で話した方がいい」などと意見。財布を探している徘徊者役への対応では、参加者は同じ場所を3回も一緒に探し回り、「さっき探した」と言わずに付き合います。探し回った後に「休みますか」と尋ねて気をそらしたり、自分の名前を名乗って名前を聞き出すなどの“技”も見せていました。

DSC_2560 (640x344)
↑訓練後の反省会

DSC_2587 (640x436)
↑総括する勿来・田人地域包括支援センター管理者の野口さん

● 「あいさつの習慣大事」「ゆっくりと会話して心を開かせる」
訓練後は集会所に戻って反省会。「普段からあいさつして声掛けの習慣をつくらないとできない」「認知症の基礎知識がないと難しい」「ゆっくりと何回もしつこく会話をして相手の心を開かせることが大事」「声掛けする人すべてが認知症とは限らないので、自己紹介したのはよかった」「『家に帰りましょう』とさりげなく誘導できた」などの意見が出ていました。

[広告] VPS
↑動画

【参考情報】
↓「NPO法人 地域福祉ネットワークいわき」による金山地区の小地域ケア会議(1月28日開催)のレポートです。ここで出た課題から今回の「声掛け訓練」が計画されたことが分かります。小地域ケア会議で住民らが地域課題を考え、その対策が形になった例だと思います。


【認知症関連記事】
「認知症者の早期発見を議論した『認知症多職種協働研修会』」 2018年3月13日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-426.html

「認知症者との効果的な接し方などが紹介された『いわき認知症を語る会』」 2017年12月8日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-355.html

「認知症者に芸術指導 お年寄りに変化も」 2018年2月21日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-411.html

「小名浜高校の全校生、認知症サポーターに」 2017年12月14日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-362.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント