FC2ブログ

288. 地域福祉にも貢献 訪問理美容・いわき市内郷の「どこでもロダン」

福島県初の訪問理美容事業所として12年前にオープンした「どこでもロダン」(いわき市内郷地区)は、外出困難なお年寄りの住む自宅や施設を回って散髪しています。福祉に理解のあった先代社長の思いが引き継がれ、お年寄りや障がい者、子育て中の母親にも利用しやすいサービスに熱心。全理美容師はヘルパー2級の資格を持ち、認知症者相手にも柔軟に対応します。グループホームや高齢者宅の訪問では、理美容師持ち前の“おしゃべり力”を発揮して会話は弾みます。お年寄りはさっぱりすると、表情がほころびました。

DSC_4918 (640x427)
↑自宅で散髪してもらった女性=いわき市内・2018年3月28日

DSC_4600 (640x427)
↑介護施設での訪問理美容=いわき市内・2018年3月27日

● 先代社長の福祉への想い
「どこでもロダン」を開業したのはいわき市立総合磐城共立病院内で理容室「ロダン」を営み去年亡くなった先代の鈴木英治さん(福島県理容生活衛生同業組合・元副理事)。病院で患者の散髪をしていた鈴木さんは、体の不自由な人の苦労をいつも目の当たりしていました。外出困難な方の力になろうと約15年前に同組合や個人で訪問散髪ボランティアを始めました。それでもまだ支援が足りないと痛感し、2006(平成十八)年に開業。同組合員にヘルパー2級の資格取得を勧めたのも鈴木さんで、「どこでもロダン」の理美容師は全員取得しています。

DSC_4542 (427x640)

DSC_4577 (640x427)

● 増えている利用者
「どこでもロダン」を運営する「クリエイティブロダン」は現在、鈴木さんの長男・明夫さんが代表取締役として跡を継いでいます。訪問理容の利用者数は多い月で約100人。明夫さんが「在宅で困っている人が多いのを感じる」というように、新しい利用者が毎月6~10人増えているといいます。「どこでもロダン」の理美容師は、訪問サービス代表で鈴木さんの次女・橋詰光子さんを含めて6人。橋詰さん以外は、元理髪店経営者らの平均60代のベテランです。

DSC_4616 (640x427)

● 介護施設 ホール全体、まるで理容室
いわき市内のグループホームに3月下旬、理美容師3人が訪問。施設ホール内の洗面台2基の前に“特設バーバーチェア”を設け、その横にははさみ、バリカン、シェービングカップなど理髪用具を入れたワゴンも設置して準備万端。車いすのお年寄りにはそのまま座った姿勢で散髪します。2カ月ごと訪問してお年寄りの名前と顔も覚えている理美容師は「元気してました?」「髪伸びたね。暖かくなったから短くしましょうか?」と明るく声掛け。お年寄りは仕事の昔話を語り、職員も会話に交じります。ホールのテーブルは“待合室”になり、演歌番組を見て順番を待つお年寄りも時折会話に参加。ホール全体が理容室になっているかのようで、「どんな話が喜ぶかもチェックしている」(橋詰さん)のもあって話は弾みます。約1時間半で9人の髪はさっぱり。「元気でね」とあいさつして“閉店”しました。

DSC_4805 (427x640)

● 一人暮らし女性宅 近況を楽しくおしゃべり
別の日には、市内の80代の一人暮らし女性宅を訪問。化粧台の前にブルーシートを敷いた上にいすを設置します。理容師は「これだけ髪伸びたらうるさかったでしょう」と話しながらはさみを動かします。女性は通っているデイサービスや病院での近況などを話し「(理容師と)おしゃべりできて楽しい。愚痴もこぼせるし」とにっこり。女性は顔剃りもしてもらいさっぱりした表情を浮かべました。

DSC_4815 (640x427)

● 役立つヘルパー2級の資格
散髪を望んで来店する店舗理容とは異なり、訪問理容はそれを嫌がる認知症者を相手にするケースも。ある理容師は「家族から聞いた好きな話をして和ませる。そうすると散髪を受け入れるようになって、最後は『さっぱりした。またね』と言ってもらえる」とその対応法を語ります。「実習で認知症者を見てきているし、ヘルパー2級の資格が役に立っている」とも。橋詰さんは産後に外出困難な母親の力になろうと「産前産後ママヘルパー」の資格を取得し、“福祉美容師”として活躍の幅を広げています。

DSC_4830 (640x439)

● 夢の一つに訪問車両の購入
先代が書き残した夢の一つに「車内で理髪できる訪問車両の購入」があったといいます。明夫さんは「将来は訪問車両を買って、限界集落や避難所などを訪問したい」と先代の想いを引き継いでいます。「地域のお年寄りとコミュニケーションが取りやすい仕事なので見守りもしたい」という地域貢献への思いも語っていました。

DSC_4886 (640x554)

【どこでもロダン】
ホームページ:http://docodemo.creative-rodan.com/
フェイスブック:https://www.facebook.com/saruakio/

【関連情報】
外出困難なお年寄りを対象に訪問理美容に必要な交通費を補助する市のサービス。お年寄りの負担を軽減させようといわき市に訴えたのは先代・鈴木さんを中心に動いた同組合:http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000179/index.html

【訪問関連記事】
「訪問歯科の取り組み事例の発表」2017年11月18日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-339.html

「訪問薬剤師の取り組み事例の発表」 2017年7月21日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-243.html

「訪問薬剤師の今後の在り方を学んだ『くすりのマルト』の社内講演会」 2017年8月21日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-266.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント