FC2ブログ

290. 胃ろう「すべて悪だと思わないで」・「いわき食介護研究会」

「食」をテーマに介護を考える「いわき食介護研究会」がこのほど、いわき市のかしま病院で開かれました。講師を務めた常磐病院の外科医で医学博士の神崎憲雄さんが「食べることは生きること」と題して講話。直接体外から胃に管を通し栄養を入れる「胃ろう(PEG)」や摂食嚥下(えんげ)治療に携わる神崎さんは、延命措置と見られ敬遠されるようになった「胃ろう」を「すべて悪だと思わないで」と警鐘を鳴らすとともに、生活の質の向上と寿命を伸ばすために「食べる」という行為の重要性を訴えました。

DSC_4950 (640x427)
↑「食べることは生きること」と題して講話した神崎さん

● 幅広い意味を持つ嚥下障害
3月28日に開かれた勉強会には、医師、歯科医師、看護師、管理栄養士、歯科衛生士、介護支援専門員(ケアマネジャー)、リハビリ職ら約40人が参加。神崎さんは、食べ物を口から食道を経て胃に入れるまでの運動を嚥下とし、「食べる」ための器官の欠如や損傷で嚥下障害になるという基本的な意味を解説。「食欲がわかないのも嚥下障害」とその障害の幅広さを説明しました。食べ物が気管に入る「誤嚥」と食べ物以外の物を飲み込む「誤飲」の違いにも触れ、人間は気管と食道が交差する複雑な「のど」を持ち、このつくりを持つ生物は人間だけと話しました。

DSC_4954 (640x401)

● 「胃ろうは特別優れた延命治療ではない」
嚥下障害の患者への胃ろうの是非についても語った神崎さん。胃ろうなどが患者の尊厳を損なう可能性があれば治療を差し控える必要性を表明した「日本老年医学会」の立場(2012年1月)や、胃ろうによって悩む患者を取り上げた新聞記事などを紹介して「胃ろうが『悪』のように扱われている」と指摘しました。その一方で、かしま病院での胃ろう患者412人を調査したデータを基に、胃ろう後の平均寿命は507日で患者の45%が1年以内に亡くなっていた点から「特別優れた延命治療ではない」と説明。さらに、胃ろうによる合併症は5%以下だったという特長も挙げました。神崎さんは「私見」と前置きし「食べられるうちに行うべき」と胃ろうの早めの判断を呼び掛け。口から食事も取れる胃ろう患者は、胃ろうだけで栄養を摂る患者よりも寿命が長かったことから、「栄養をしっかり摂りつつ、嚥下機能を保つことが大切」と訴えました。

DSC_4976 (640x427)

● 食介護研究会 1997年に発足
「いわき食介護研究会」は1997(平成九)年、食べる側の目線に立った介護を考えようと誕生。いわき市内の歯科医・故市川文裕さんが「食介護」という造語をつくり立ち上げました。2016年までの3年間は活動を休止していましたが、去年再開。市内の医師、歯科医師、歯科衛生士、管理栄養士、リハビリ職者らが集まり、患者が「食」を楽しめるケアを追求して研鑚を積んでいます。

【いわき食介護研究会】
ホームページ:http://e-taberu.com/
フェイスブック:https://www.facebook.com/%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%8D%E9%A3%9F%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A-225613624313228/

【関連記事】
「昨夏の食介護研究会」2017年7月14日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-235.html

「いわきの里の管理栄養の取り組み事例発表」2017年8月29日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-274.html

「お年寄りの低栄養化防止へ 久之浜・大久地区で管理栄養に関する出前講座」2017年10月6日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-308.html

「食と健康を考える教室『美腸ライフ』」 2018年4月10日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-447.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント