FC2ブログ

338. 余命3年の女性、死を考え生きる・エンディングノートを書き前向きに

「死ぬためではなく、生きるためのノート」。いわき市の女性(66)は余命3年の宣告を受け、エンディングノートに思いのすべてを書き残しました。「元々ポジティブ」と自認しますが、「死ぬ恐怖もちょっとある」と本音ものぞかせます。それでもノートには趣味の旅行を楽しもうと行きたい国、やりたい事など前向きな目標がつづられ、娘らへの感謝の気持ちもしたためられています。「2歳の孫が20歳になるまで生きる」。死と向き合う女性は、人生楽しく悔いを残すまいと生きています。

DSC_1050 (640x428)
↑余命3年の宣告を受けエンディングノートをつづった女性

● 突然の余命宣告 6日間掛けて執筆
女性が余命宣告を受けたのは2017年の秋。医師から「死をどう考えているか」と問われ、必ず誰にでも訪れるものだと気丈に振る舞いました。ですが「通院する度に医師から『間違いでした』と言われるのを期待します。帰り道はがっかりして歩いて帰る」と胸の内を明かします。そんな女性に長女は、終活アドバイザーと一緒に作成するサービスを受けてエンディングノートの執筆を勧めました。女性は1日2時間の計6日間掛けて書き上げました。

● 派手な葬儀を希望 すでに葬儀場に行き見積もりも
「葬儀は明るくしてほしい」と望む女性は、教会で葬儀を行い、参列者には派手な服を着てほしい、○○さんから死に化粧を施してほしいなどと希望しています。ノートには亡くなった後に連絡してほしい人の名前と連絡先も記載。流してほしい讃美歌も書き残し、自分らしい最後の演出を考えました。ノートを書く中でアドバイザーと一緒に葬祭場にも足を運び、その見積もりももらいました。「その分のお金は自分で稼ぎたい」と女性。必要金額がはっきりしたことで働く意欲もわいています。

DSC_1055 (640x416)
↑女性がしたためた「これからの人生でやりたいこと」

● あれもしたい、これもしたい
登山や旅行が好きという女性は、具体的に行きたい都道府県や国の名前を書いています。中には南米の国も。今月は山梨県に旅行する計画で、また一つ夢が達成されます。女性は「時刻表を見て計画するのが楽しい」とニコニコ。ウインドーショッピングも大好きといい「小名浜に新しいショッピングモールができたら行きたい」とも。息子から「ユニバーサルスタジオジャパンに行きたい」と言われ、一緒に行くプランもノートに加筆するつもり。「こうされたい」という受け身ではなく「これがしたい」と能動的な思いを次々と口にします。長女は「ノートを書いて前向きになった」と話したそうです。

● 厳しく育ててしまった長女へ 誤解させないよう感謝の言葉
感謝を伝えたい人はたくさんいます。3人の子ども、夫、家族以外にも、「新薬ができて高価だったらお金を出す」と言ってくれた友人らにも感謝の言葉を残しています。市内に住み闘病を支えてくれる長女には特別な思いも。「一番厳しく育てて、2番目3番目の子には優しくしていた。気づいてはいるでしょうけど、勘違いされたくない」。いつも感謝の言葉を伝えているといいますが、後悔しないためのラストメッセージはノートにしたためています。

● 「病気の事ばかり調べてもつまらない!」
人生でやりたい事の欄には「フラダンス」「ボランティア」「富士登山」「病気になって働く場所がない人が働ける場所を作りたい!!」と力のこもった文字が並びます。女性は「病気の事ばかり調べていてもつまらない。やりたい事を考えた方が得でしょ」と頬が緩みます。「書いてスッキリした」とその表情もすがすがしい。「これからの人生を漢字で表すと」という欄には「楽しい」。孫から好評のスパゲッティとから揚げをつくるのが得意で、料理するのも至福の時間。楽しい計画がたくさんあって、今後の人生が忙しそうです。

<ご協力の感謝>
終活を支援するいわき市の「おはなし聴き屋オリーブ」さんのご協力で女性を紹介していただきました。プライベートな事をお話してくださった女性にも厚く御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

おはなし聴き屋オリーブホームページ:http://ohanashi-olive.com/
「おはなし聴き屋オリーブ」の終活アドバイザー・佐藤さん(2018年5月8日投稿):http://ymciwakikai.jp/blog-entry-464.html

【終活関連記事】
「ケアマネジャーを対象にした『終活とエンディングノート』研修会」 2018年5月26日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-480.html

「ファイナンシャルプランナーで終活アドバイザーの飯田さん」2017年11月8日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-330.html

「延命治療の意思を記す『わたしノート』」 2017年9月21日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-295.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント