FC2ブログ

347. ヘルパーの自費サービスで情報共有・「ケア・カフェ」

2年目に入ったいわき市の「ケア・カフェ」がこのほど、同市のクロスカフェで今季初めて開かれました。「ヘルパーの基準緩和と自費サービス」をテーマに、介護事業所やNPO法人の職員がミニ講話。参加者は、訪問ヘルパーが抱える悩みや自費サービスの取り組みといった情報を共有しました。

DSC_2655 (640x428)

● 取り組み2年目
ケア・カフェは去年6月に誕生し、昨年度は計3回開催しました。席替え、席を固定、立食の3つのスタイルを各回で試した結果、今季はその中で反応のよかった席替え形式を採用。さらに「日中は参加できない」という声に応えるため、次回9月は夜に開催する予定です。平地域包括支援センターに窓口を置き、市内の介護支援専門員(ケアマネジャー)ら有志でつくるワーキングチームが主催。昨年度は平均約40人が参加し「まずまずの人数。でもいつも来ている人が多かった」とワーキングチームのメンバー。「広報活動が課題。専門職に限らず、介護に携わる家族や住民にも参加してほしい。将来はケア・カフェを各地でやりたい」とも話していました。

DSC_2653 (640x428)

● 3事業所のスタッフが発表
今季初のケア・カフェは6月18日に開催。訪問ヘルパーや介護支援専門員(ケアマネジャー)、通所介護施設の職員ら約50人が集まりました。ミニレクチャーでは居宅介護支援「福ケアプランサービス」、在宅支援するNPO法人くらしアシスト「りう」、すいとびー介護ステーション中央台の各スタッフが、介護保険外の自費サービスの取り組みなどを発表。要支援や要介護1のお年寄りのニーズが多い点や、ごみ捨てや見守りといった10分程度の自費サービスなど、各事業所の情報を共有しました。

DSC_2664 (640x394)

● 自費サービスの現状
参加者は6グループに分かれ、1回25分、席替えを挟んで計2回のチャットを楽しみました。あるグループでは、ごみ出しや見守りなどの自費サービスについて、利用者の遠方家族から「ちょっとした困り事を近所にお願いしてお礼するのが大変で、それならお金を出して自費サービスを利用した方がいい」という声もあったといいます。月20万円を使う利用者がいることや、ヘルパーの高齢化、人材不足の話題もありました。発表では、「家族に介護保険と保険外サービスの線引きの説明が難しい」「自費サービスの一覧表があれば便利」「障子の張り方や草むしりでクレームを受けたことがあった」「うちの事業所でも参考にしたい」などの意見が出ました。

【昨年度のケアカフェ】
「テーマは介護予防ケアマネジメント支援会議」2017年12月18日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-364.html

「お年寄りリハのミニ講話も」 2017年9月11日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-285.html

「テーマは『認知症』」2017年6月12日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-205.html

【ケアカフェの本年度スケジュール】
ケアカフェ
<第2回目>
日時:9月10日(月)午後6時半から
場所:ケアパートナーいわきDS(福島県いわき市平北白土宮前48-1)
テーマ:最近のデイサービス情報
<第3回>
日時:12月10日(月)午後1時半から
場所:平キリスト福音教会1階のクロスカフェ(福島県いわき市平尼子町2-7)
テーマ:家族の最期をどう迎えたい?
問い合わせ先:いわき市平地域包括支援センター(0246-22-1174)
※テーマ以外でも意見交換できるそうです!

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント