FC2ブログ

400. 認知症者に親しみを込めて・声掛け訓練「ハイカイチュウ」

道に迷っている認知症者に声を掛ける訓練「ハイカイチュウ」がこのほど、いわき市のいわき芸術文化交流館「アリオス」で行われました。参加者は敷地内にいる認知症者役を探し回って声掛け体験。後ろから声を掛けず、親しみを込めて話すといった注意点を実践的に学びました。

DSC_6837 (640x425)
↑認知症者役(右)に優しく声を掛ける訓練者

● 声掛け訓練のフォーマットづくりも兼ねる
市民への認知症の啓発を目的に平地区中地域ケア会議が9月7日に主催。地区内にある「アリオス」で同日開催された市地域包括ケア推進課のイベント「いごくフェス」に合わせて企画されました。実践的に声掛け訓練できるフォーマットをつくり、ほかの地域に広めたい狙いもあります。訓練の方法は、家族役から捜索を依頼されて身体的特徴や身なりを聞き取り、敷地内で探し回ります。情報と一致する認知症者役を見つけたら声掛け。間違った人に声を掛けてしまう場合もありますが、それも訓練のうち。スタッフは主に平地区の介護支援専門員(ケアマネジャー)、民生委員、介護施設職員ら92人。参加者1人に認知症者役1人を探す“指令”が与えられ、各回の定員を10人とし5回に分けて計38人が訓練しました。

DSC_6901 (610x640)
↑家族役のケアマネジャー(右)と一緒に認知症者役を探す訓練者

DSC_6887 (640x456)

● 「後ろから声を掛けない」「ゆっくりと相手のペースで」
参加者はアリオス内のスタート地点で、DVDを見て訓練の流れを確認し、作業・理学療法士から認知症者への正しい声掛けを教わります。「後ろから声を掛けない」「親しみを込めた語り方」「語尾を下げる」「ゆっくりと相手のペースに合わせて問い掛ける」「やわらかい、日常会話を」を盛り込み、いわき市認知症初期集中支援チーム監修の「声かけ上手の五箇条」を学んでからスタート。ある参加者は、家族に扮するケアマネジャーから、「くまだまさこ」という名前、85歳という年齢、紫の花柄のブラウスとエプロンなどの特徴を聞き取ります。外に出て、その日夜のフェスイベント準備でにぎわう公園内を歩き回ります。「あっちの方かな」「花柄よね」などと確認しながらキョロキョロ。遠くの石段で花柄の服を着て横になっている人を発見すると「いた!」と近づきます。驚かせないように「まさこさんですか?」と尋ねると、「何?聞こえない」と耳が遠い認知症者役。再度ゆっくり名前を尋ね、何気ない会話をして安心感を与えていました。

DSC_6919 (640x428)
↑薬相談などのブースも設置

DSC_6932 (428x640)
↑電動車いすに試乗する平地区中地域ケア会議の山内俊明会長(当法人医和生会理事長)

● 健康相談ブースも設置
認知症者役から「ありがとうカード」を受け取った参加者は、スタート地点に戻って訓練終了。訓練についてのアンケートに答えた後、設置された「認知症」「薬」「福祉用具」に関するブースに立ち寄って相談していました。骨密度の測定機で健康チェックしたり、最新の電動車いすの乗り心地を体験する人も。市薬剤師会、市福祉用具推進協議会、グループホームまつの実、平地区地域包括支援センターのメンバーからアドバイスを受けていました。

【関連記事】
<声掛け訓練>
「金山地区で声掛け訓練」 2018年3月14日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-427.html

<平地区中地域ケア会議など市地域包括ケア推進会議>
18年度:http://ymciwakikai.jp/blog-category-39.html
17年度:http://ymciwakikai.jp/blog-category-35.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント