FC2ブログ

406. 当法人グループのケア事例発表会②~訪問看護師の伊藤

医和生会グループの専門職員が看護や介護の成果を紹介した「ケア事例発表会」。コスモス訪問看護ステーションの訪問看護師・伊藤善枝は「2人暮らしの高齢姉妹への訪問看護のかかわり」と題してケアの取り組みを発表。お年寄りがお年寄りを支える「老老介護」世帯の患者のケアと介護者のサポートを通した学びを共有しました。山内医師の基調講演と3つの事例発表を4回続きでお伝えする2回目。

DSC_6638 (640x428)
↑「2人暮らしの高齢姉妹への訪問看護のかかわり」をテーマに発表した伊藤=2018年9月3日、いわき市総合保健福祉センター

● 老老介護 ご家族様も考慮したケア
伊藤は、日本の在宅介護世帯の約7割は老老介護で年々増加している、と説明。老老介護は介護者の負担が大きいため共倒れになる懸念があり「ご家族様の負担も考慮して関わらなければならない」と述べました。事例で取り上げた女性Aさんは、発作性心房細動などの病気を抱える要介護4の86歳。杖で歩き、一日のほとんどをいすに座って過ごしています。介護のキーパーソンで同居するお姉さんは90歳で体調は良好ですが、腹部に人工の排泄口「ストーマ」を造設しており、排泄を受ける袋「パウチ」の交換はAさんが手伝っています。通院や買い物を市内に住むおいに協力してもらい、Aさんは週2回の訪問介護を受け、週1回デイサービスに通っていました。

● 目標は「褥瘡ケア」「清潔を保つ」「高齢の姉の支援」
Aさんが訪問診療・看護を受けた理由は、おしりに褥瘡(じょくそう)ができ、通院困難な上、お姉さんも処置ができないため。介入開始時、褥瘡の原因は背中が丸まり、いすに座りっぱなしの生活、少ない食事量だと考えました。さらに入浴の習慣がなく、腹部などのしわに汚れやただれがあることを確認。ですが入浴を勧めてもお断りされました。そこで「褥瘡ケア」「清潔を保つ」「高齢の姉の支援」の看護目標を立てました。初めは毎日訪問。褥瘡対策は洗浄し軟膏をぬって特殊なガーゼでケアしたほか、低反発クッションによる患部の除圧、血流促進のために足浴も行いました。ただれは体を拭き、軟膏をぬってケア。お姉さんから「やってあげたいけどできない。来てくれてありがたい」と声を掛けられました。

● 家族は「もっと早く利用すればよかった」
3週間後、4週間後にそれぞれケアを改善。拒否していた栄養補助剤も繰り返しの説明で理解を得て、飲んでもらえました。お姉さんからは「こんな制度があればもっと早く利用すればよかった」と言われ、安心された様子を感じました。2カ月後には褥瘡は治癒し、再発予防の座り直しも覚え、訪問時に歩行訓練も実施。お姉さんには健康状態を確認し血圧測定も勧めましたが、Aさんを優先し自分の健康を後回しにするように拒否されました。4カ月が経過するとデイサービスを再開できるようになり、春になって温かくなり入浴も希望されるようになりました。

DSC_6629 (640x445)

● 拒否されても無理に勧めずに意思を尊重
4カ月間の訪問を通してお姉さんに対しては、Aさんの褥瘡処置、体を拭くなどして介護負担を軽減し、会話では健康や精神状態の把握を心掛けました。緊急時でも24時間対応できると伝えて安心してもらい、お姉さんにもフレイル予防として栄養補助剤を勧めました。栄養補助剤や入浴を拒否されても無理に勧めず、Aさんやお姉さんの意思を尊重して、必要性を丁寧に説明して少しずつ理解を得ていきました。座り直しや立ち上がりの除圧の指導では、Aさんにだけでなくお姉さんにも説明。除圧の運動をお姉さんから勧めてもらうことでAさんが実行するようになり、「お姉さんの協力が大きいと感じた」と振り返りました。

● 多職種連携で介護者の負担軽減へ
訪問時、お姉さんの声にも耳を傾け、介護の悩み相談にも応えました。このように訪問看護が介入することで、お姉さんからも「ありがたい」と感謝され、不安や負担を軽減させ安心感につながったと話しました。「老老介護でも医療福祉サービスなどの社会資源を活用し、多職種連携で介護者の負担を軽減し、共倒れを防げると思う」と感想。「頑張ってしまう介護者は多く、訪問看護師として本人だけでなく家族にも寄り添い、きめ細やかな対応をしていきたい」とまとめました。

「ケア事例発表会」は9月3日、いわき市総合保健福祉センターで開かれ今年で4回目。当法人医和生会理事の山内宏之医師(福島労災病院循環器科部長)が基調講演し、ほかの事例発表者は、小規模多機能型居宅介護さらいの介護士・菅沼智子、社会福祉法人いわきの里のケアマネジャー・坂本香菜と看護師・大和田千鶴。

<つづく>

【関連記事】
<終末期ケア>
「ご利用者様の人生を振り返ってのケア」 2017年11月7日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-328.html

<今年のケア事例発表会>
「『死に方を識(し)る』・山内宏之医師の基調講演」 2018年9月21日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-566.html

<去年のケア事例発表会>
「家庭医とは『あなたの専門医』・岩井医師の基調講演」 2017年8月22日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-267.html

「3カ月の長期看護・訪問看護師の鈴木」 2017年8月23日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-269.html

「家族を感じる介護の実践・介護職の中西」 2017年8月24日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-270.html

「地域包括ケア推進へ 失敗と成功・地域連携室の中野」 2017年8月25日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-272.html

「ご利用者様ごとに栄養管理・管理栄養士の大川原」 2017年8月29日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-274.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント