FC2ブログ

415. 障がい者スポーツ やってみよう・いわき訪問リハビリ研修会

いわき市内のリハビリ専門職がこのほど、いわき市のいわきサン・アビリティーズで障がい者スポーツを体験しました。生きがいや健康づくりにつながる障がい者スポーツをリハビリ患者に紹介できるようになるため、実際やってみようと「いわき訪問リハビリ研究会」が企画。参加者約35人は「フライングディスク」「ボッチャ」「卓球バレー」の3種目に挑戦しました。

DSC_7969 (640x428)
↑白いボールにできるだけ近づくようボールを投げ転がす競技「ボッチャ」

DSC_7944 (640x430)
↑直径23.5センチのディスクを投げるフライングディスク

DSC_7956 (640x428)
↑ネットの下に球を転がして打ち合う卓球バレー

● 3種目に挑戦
直径23.5センチのディスクを投げる「フライングディスク」は、5~7メートル離れた直径91.5センチのゴールを狙う「アキュラシー」と遠投の距離を競う「ディスタンス」があり、手以外でも足や口でも投げられます。「ボッチャ」は「ジャック」という白いボールにできるだけ近づくようボールを投げ転がす競技で、重度の身体障がい者でも参加可能。卓球バレーは、1チーム6人で両チームがいすに座って卓球台を囲み、ネットの下に球を転がして打ち合います。腰を浮かせると相手チームに得点が入ります。

DSC_7997 (640x569)

DSC_7936 (383x640)

DSC_8012 (640x428)

● 歓声を上げたり、悔しがったり
参加者は県障がい者スポーツ指導者協議会いわき支部のスタッフから指導を受けました。ボッチャに挑む参加者は、甲を前にして手を振り上げる力を使って投球。ボールがアーチを描いて着地、ゆっくり転がってジャックに近づくにつれ「イケ、イケ!」と歓声が上がります。フライングディスクの参加者は、フリスビーのようにディスクを投げます。ゴールの輪のフレームに当たって失敗すると「あー」と悔しがりながら、順番に繰り返し投げてコツをつかんでいました。卓球バレーはラケット代わりの木の板を持ってプレー。鉛の入った球を仲間同士でラリーをしてスマッシュします。興奮すると力んで球がネットの上を越えたり、立ち上がったりする選手も。障がいを持っても楽しめるスポーツを体で学んでいました。


いわき市ではいわきサンアビリティーズが障がい者スポーツを主催。車いすのバスケットボール、テニス、卓球、バドミントンや、スルーネットピンポン、フライングディスク、ショートテニス、ローリングバレーなどの体験ができます。
詳しくはサンアビリティーズのホームページ(http://www10.plala.or.jp/sun-abilities/)。

【関連記事】
「介護報酬と診療報酬の同時改定について情報共有した『いわき訪問リハビリ研究会』の研修」 2018年3月19日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-430.html

「視覚障害者女子柔道のパラリンピアン・半谷選手の講演」 2018年8月22日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-543.html

「県ろうあ者スポーツ大会」 2018年5月23日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-477.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント