FC2ブログ

439. 健康で長生きするには?・10、17日に「在宅医療出前講座」

いわき市医師会主催の「在宅医療出前講座」が10日(土)午後2時から、いわき市平地区の石森自治会館と久之浜地区の久之浜公民館で、17日(土)午後2時から勿来地区の金山集会所で、それぞれ開催されます。市の高齢化率が30%目前に迫るとともに医師不足などで医療支援が厳しくなる中、市民が健康意識を高めて「在宅医療」に理解を深める重要度が増しています。各地区の講座で地元の医師らが登壇し、健康的に生きるためのアドバイスをします。

DSC_0104 (640x428)


<平地区 10日午後2時から>
平地区チラシ (422x602)
平地区では「いきいきと暮らしていくために~診療所・病院の先生が地域で講演します~」と銘打ち、城北内科胃腸科クリニックの佐藤二三彦院長が「より良い生活を送るために」、福島整肢療護園の渡邊信雄園長が「子ども達の健康管理について」、当法人山内クリニックの山内俊明院長が「『わたしノート』について」と題してそれぞれ講話。平地域包括支援センターの職員は「地域包括支援センターが皆さんに知っていただきたいこと」について語ります。


<久之浜地区 10日午後2時から>
久之浜地区チラシ (402x589)
「健康で長生きするために~診療所・病院の医師が語る~」と題した久之浜地区では、総合磐城共立病院の杉正文副院長が「上手い医者のかかり方~クリニックと病院の役割」、あべクリニックの阿部俊文院長が「健康で長生きするための知識と安心して暮らせる地域づくり」、四倉・久之浜大久地域包括支援センターの職員が「地域包括支援センターの役割について」をテーマにそれぞれ講演します。座長は木村医院の木村守和院長が務めます。


<勿来地区 17日午後2時から>
勿来地区チラシ (424x547)
勿来地区は、小松医院の小松典男院長が「健康に長生きするために必要な知識~医療機関へのかかり方と認知症・在宅医療~」、呉羽総合病院の緑川靖彦院長が「病院勤務医から市民の皆様へ~健康について~」についてそれぞれ講話します。勿来・田人地域包括支援センターの職員は地域包括支援センターの役割について語ります。

10月27日には内郷、常磐の両地区で開催されました。

【在宅医療出前講座】
<平地区>
日時:2018年11月10日午後2~4時
場所:石森自治会館(福島県いわき市石森2丁目9−13)
定員:70人
参加費:無料

<久之浜地区>
日時:2018年11月10日午後2時から
場所:久之浜公民館(福島県いわき市久之浜町久之浜中町32)
参加費:無料

<勿来地区>
日時:2018年11月17日午後2~4時
場所:金山集会所(福島県いわき市金山町朝日台1)
参加費:無料

【関連記事】
「昨年の平地区の在宅医療出前講座」 2017年11月4日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-327.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント