FC2ブログ

462. 医和生会RC、目標達成ならず・ひたちリレーマラソン

茨城県ひたちなか市の「ひたち海浜公園リレーマラソン」(11月25日)に出場した当法人の「医和生会RC」は、目標だった3時間切り(サブ3)の達成を逃した。自己新の4時間切り(サブ4)を達成した選手も現れ期待も大きかったが、3本柱の一角が突然欠場するハプニング。奮闘むなしく、タイムは昨年よりも約1分落とす3時間10分50秒だった。それでも期待のルーキーが力走を見せ、次回への収穫も得た。「お互い励まし合い、チームワークを発揮できた」と振り返る選手兼監督の鈴木直樹は、来年の大会に向け選手の底上げをより強化していく方針を示した。

46878285_363635387718027_5395194078780456960_n (640x480) (2)

● 突然のオーダー変更
リレーマラソンはひたち海浜公園内の1周2キロの周回コースをリレーで42.195キロ走る。選手の走る回数は無制限。医和生会RCは昨年に引き続き2年連続の出場だ。今シーズンは鈴木が秋の「水戸黄門漫遊マラソン」で4時間切りを達成し、菅波成年(通所リハビリテーション)と西山将弘(地域連携・企画広報課)とともにサブ4ランナー3選手がそろった。さらに合同練習会で新戦力の菅野翔平(やがわせデイサービス)が鈴木に食らいつく好走を見せてアピール。鈴木監督は今大会の目標達成に自信をのぞかせ、サブ3達成に期待が高まっていた。だが西山が家庭の事情で突然の欠場。オーダー変更が余儀なくされ、鈴木、菅波、菅野がより長い距離を走る作戦で6選手が挑んだ。

46825915_530093814122111_7422404924366913536_n (427x640)
↑ウオーミングアップする新戦力・菅野(左・やがわせデイサービス)

47076717_610818489335485_2657177256786395136_n (427x640)
↑ひざに不安を抱えながら走った新戦力・草野(ショートステイ)

● 遠かったサブ3
序盤は好スタート。2走・鈴木が大会自己新のタイムでたすきをつなぎ、菅野もチーム3位の8分18秒をマークした。波に乗った4走・芳賀諭(居宅介護支援事業所)も大会自己新で2キロを駆け抜けた。菅波は終始安定。練習でひざを痛めていた草野一生(ショートステイ)と佐藤大(きらくデイサービス)も必死に走り、主力の回復時間をつくった。だが中盤から徐々に失速。2回走る予定だった草野のひざが悲鳴を上げて菅野が代走。負担は重く、序盤より大きくタイムを落とす。選手は大声で鼓舞し合って想定以上のタイムを出す選手もいたが、サブ3は遠かった。

46831290_726638834383017_8448395598322728960_n (427x640)
↑気持ちで走る佐藤(きらくデイサービス)

● 来年に向けた強化策
新戦力が経験を積み、チームワークを発揮できたのは収穫と鈴木監督。次大会に向けて選手の底上げに力を入れる計画も考えている。全選手を個人レースに出場させてレベルアップを狙う構想で、「サブ3達成は決して高いハードルではない」と来年の大会を見すえていた。

46847366_1965739387052655_4692671045587435520_n (640x427)

【医和生会RCの鈴木(←無事に今秋、水戸マラソンでサブ4達成)関連記事】
「サブ4に挑む鈴木」 2018年2月5日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-398.html

「サブ4めざしサンシャインマラソンに出場した鈴木」 2018年2月20日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-410.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント