FC2ブログ

496. この道をゆく・大河内一郎伝記⑧~ひらめいた演劇公演

いわき市平(当時の平市)に民設民営で誕生した東北・北海道初の肢体不自由児施設「福島整肢療護園」だったが、施設を拡張するためやはり資金が必要だった。補助金の制度も十分ではなかった時代。創設者の医師・大河内一郎氏(享年79)は、またしても資金調達に奔走。募金活動もうまくいかない中、全国で注目された演劇「泥かぶら」を平で公演するアイデアをひらめく。「いわきの福祉の父」と称された大河内氏に迫る不定期連載の8回目。

泥かぶら写真 (640x393)
↑泥かぶら演劇の記念写真=昭和28年7月(「いわき福音協会創立50周年記念誌」掲載写真)

● 悪戦苦闘続きの資金調達
1952(昭和二十七)年秋に完成した当初の「療護園」の面積は189坪。授業は廊下と食堂で行われていたため、教室の整備が必要となった。だが資金はない。行政からの補助金は運営に充てられ、設備は主に寄付に頼らざるを得なかった。大河内氏は厚生省(現在の厚生労働省)に出向いて相談し、国の補助金とは別に自力で75万円を準備できれば教室をつくれる見通しがついた。そこで本腰を入れて募金運動を展開しようと「療護園」の後援会を組織。だが「一人一円」と協力を呼び掛けたものの失敗に終わった。策もなくなり、大河内氏は宝くじを何度も買ったが外れ。療護園の敷地から温泉が湧き驚喜したが、結局収益に結びつかず夢に終わった。

● 演劇「泥かぶら」 打開策ひらめく
資金づくりに頭を悩ませていたある日、大河内氏は全国的に好評を博していた「泥かぶら」という演劇を耳にした。「泥まみれの大根」を意味するこの劇名のあらすじは、「泥かぶら」とあだ名を付けられた醜い少女が主人公。親はいなく、いじめを受けて荒れ狂っていると、旅人から「自分の顔を恥じない」「どんな時にもにっこり笑う」「人の身になって思う」の3つを守れば村一番の美人になれると教えを受ける。少女は苦難を乗り越えながら、次第に優しい人気者に成長していく。このストーリーは障がい福祉にも通じるとピンときた大河内氏は、募金活動も兼ねてこの劇を平で公演してもらおうとひらめいた。

劇 (640x341)
↑クリスマスに行われた脳性まひグループによる聖誕劇(「光の丘の子どもたち」掲載写真)

● すぐに関係者に協力訴え
大河内氏はすぐ上京し、「泥かぶら」の脚本、演出、主演を務める劇作家・真山美保氏と会う。障がい児のためにと協力を訴えたところ、真山氏はその場で承諾した。帰ってすぐに全職員で公演準備に取り掛かった。各地の婦人会幹部を回って前売り券の配布を依頼したり、街中にポスター張りに奔走したり。必要があれば、直接出向いて説き伏せた。公演当日。職員は受付、雑用、舞台の幕引きに汗を流し、子役が足りずに大河内氏の娘も出演した。会場の平市公会堂は埋まり、大成功で幕を下ろした。1954(昭和二十九)年3月、3つの学習室と2つの児童居室が完成した。

● 運営 徐々に軌道に
その後も多くの支援を受けて資金を調達した。文具メーカー「トンボ」の好意で「手足の不自由な子どものために」「福島整肢療護園」の金文字を入れた鉛筆を大量購入し、市内の学校やアメリカの協力者に販売。一部が寄付金となるとともに、障がい福祉のPRにもつなげた。そのほか、コンサートや演劇を開き、その度に職員はポスター張りやチケット販売で奔走。その努力により、福島整肢療護園の周辺には新たな施設が生まれていく。重度脳性まひ児の病棟「グリーンハウス」が1956(昭和三十一)年11月、県立養護学校が1960(同三十五)年11月、40床の重度病棟が1966(同四十一)年2月、重度身体障害者授産施設「カナン村」が1973(同四十八)年4月に誕生し、精神薄弱者更生施設「県はまなす荘」の経営も同年受託しました。「光の丘」が発展するこの間、大河内氏は県肢体不自由児親の会連合会を結成して会長に就き、県知事表彰を受け、天皇・皇后両陛下から園遊会のお招きも受けた。青年時代からの夢を形にし、社会からも認められていった。だが、情熱と行動力で道なき道を爆走してきた人間機関車は、その後重なる不幸に直面し失速していく。

<つづく>

【参考文献】
昭和三十九年十月発行 「光の丘の子どもたち」 著・大河内一郎
昭和六十一年六月発行 「大河内一郎追悼記念 ただ障害児者の友として 発行・社会福祉法人いわき福音協会
平成十二年十一月発行 「いわき福音協会五十周年記念誌 いわき福音」 発行・社会福祉法人いわき福音協会

【この道をゆくバックナンバー】
①「子どもたちのために生きる」2018年9月1日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-550.html
②「始まった夢への挑戦」2018年9月12日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-557.html
③「報い求めぬ善意」 2018年10月12日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-583.html
④「ついに『開園式』」 2018年10月24日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-593.html
⑤「教育者として(1)」 2018年11月9日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-605.html
⑥「教育者として(2)」 2018年11月19日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-611.html
⑦「奇跡を生んだ素人映画」2019年1月4日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-646.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント

カテゴリ