FC2ブログ

520. 街中で認知症者の捜索模擬訓練 来年度実施へ・常磐・遠野中地域ケア会議

いわき市常磐・遠野地区の中地域ケア会議(※1)がこのほど、常磐公民館で開かれました。両地区でのつどいの場づくりの経過、本年度の介護フェアの様子、講演の集客の課題などが共有されました。来年度も「いきいき健康塾」を継続するほか、認知症者の捜索模擬訓練を街中で実施するのを決めました。

DSC_9637 (640x427)

※1 中地域ケア会議とは 
医療・介護・予防・住まい・生活支援の発展へ住民が支え合う地域づくりをめざそうと、国は2015年4月、市町村の努力義務として「地域ケア会議」の設置を法制化しました。これを受けていわき市は同年、「個別ケア」、「小地域ケア」、「中地域ケア」、全市レベルの「市地域包括ケア推進」の計4層の会議でつくる「いわき市地域ケア会議」を設置。「中地域ケア会議」は全市レベルと学校区・行政区レベルの間の中間層に位置し、地区保健福祉センターが主催。市内には7地区ごとに設置されています。常磐地区の中地域ケア会議は「健康と生きがいづくり」「高齢者生活安全」「医療と介護連携促進」の3部会ごとに活動。本年度の委員は21人(※2)です。本年度2回目の会議は2月14日に開かれました。

20190212094948931 (640x479)
↑(いわき市ホームページより)

※2
常磐・遠野地区中地域ケア会議の委員 (640x363)

● つどいの場づくりモデル 来月イベント予定
「健康と生きがいづくり」部会は、常磐地区のオレンジ薬局脇のコミュニティスペース「いごくボックス」と遠野地区の上遠野小学校を利用した「つどいの場」づくりの経過を報告。地元住民らでつくるワーキンググループが各地区で組織され、定期的に話し合っています。「いごくボックス」では11月に「わくわくまつり」を開き、子どもからお年寄り約40人が小物作りやアロマ体験、体操、ゴスペルコンサートなどを楽しみました。来月30日には子どもが集まれる「コミュニティ食堂」を予定しています。上遠野小学校では先月給食試食会を実施。主にお年寄りが小学校時代の思い出話で盛り上がり、興味に合ったイベントを「今昔給食談議」と銘打ち来月8日に開催します。

委員は「『やって終わり』ではなく、住民が主体的にできる場所にしてほしい」と定着を期待。ワーキンググループを務める委員は「今の子どもが大人になっても地域とつながるような、世代を越えた交流を生み出したい」と、来年度も議論を重ねていく方針。薬局に勤める委員からは「周知のために薬局を利用してほしい」とPR協力の提案も出まし
た。

● 声掛け訓練 模範演技の必要案も
「高齢者生活安全部会」は、去年10月13日に行われた、常磐地区介護フェアでの認知症声掛け訓練(※3)を報告。反省は、認知症者役が会場内を歩き回ったが、積極的に声を掛けてくれる参加者が少なく「声掛けの仕方が分からない」「声掛けが難しい」との声も出ました。声掛け実践の前に寸劇で模範を披露するのが効果的ではないか、といった改善案も出ました。今後は介護フェアとの同時開催にこだわらず、様々な地区での開催を検討します。委員からは、JR常磐線「湯本駅」周辺の商店街を巻き込んだ認知症者声掛け訓練の提案が出ました。PRも兼ねて店員らにも協力を呼び掛け、街全体で認知症に理解を深めようと、10月の開催を目指します。

※3
「認知症声掛け訓練も行った『介護フェア』」 2018年10月23日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-592.html

DSC_9160 (640x428)
↑介護フェアでの声掛け訓練=2018年10月13日、常磐公民館

● 認知症勉強会の参加者「勉強した事を家族に伝えたい」
「医療と介護連携促進部会」は、本年度は11月までに実務者協議会や出前講座、介護フェア(※4)などの6つの啓発活動を展開。認知症勉強会では参加者75人が集まり、「予防のために運動を続けたい」「勉強した事を家族にも伝えたい」と好評の声も上がりました。課題では集客数が伸び悩み、周知方法の検討の必要性を共有。今後は介護相談の多い地区を選定して出張相談などを行い、介護予防や保険の啓発に努める方針を示しました。委員は「10、20年先を考えながら、一丸となって市民に啓発していこう」と決意を新たにしていました。

※4
「本年度の常磐地区介護フェア」 2018年10月23日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-592.html

「昨年度の遠野地区介護フェア」 2018年3月12日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-425.html

DSC_9642 (640x427)

● 「健康塾」 参加者増へ見直し検討
来年度の「常磐・遠野いきいき健康塾」の計画案も発表されました。4月から来年3月までの計13回を予定。応募者数は2月13日現在18人で、本年度の参加者31人を下回っている現状を確認しました。参加者を増やすために将来は、年齢制限を65歳以上から引き下げ、開催場所の見直しの検討も示されました。委員からは「入塾条件の『卒塾後、介護予防活動に協力できる方』という項目でみんな尻込みしている」という緩和案も出ました。

【関連情報】
「いわき市地域包括ケア推進会議とは(いわき市ホームページ)」:http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000097/index.html

【関連記事】
「本年度1回目の常磐・遠野地区中地域ケア会議」 2018年10月9日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-580.html

【いわき市地域包括ケア推進会議の関連記事】
18年度:http://ymciwakikai.jp/blog-category-39.html
17年度:http://ymciwakikai.jp/blog-category-35.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント

カテゴリ