FC2ブログ

539. 若年層向けの認知症講座を開催へ・平地区中地域ケア会議で来年度

平地区中地域ケア会議(※1)がこのほど、いわき市平競輪場サイクルハウスで開かれました。委員は地域住民らが連携して生活難の親子を支援した事例を共有し、支え合う地域づくりの大切さをあらためて認識。来年度は学生など若年層を対象とした認知症講座の開催方針を確認し、内容のアイデアを出し合いました。

DSC_1642 (640x427)

※1 中地域ケア会議とは 
医療・介護・予防・住まい・生活支援の発展へ住民が支え合う地域づくりをめざそうと、国は2015年4月、市町村の努力義務として「地域ケア会議」の設置を法制化しました。これを受けていわき市は同年、「個別ケア」、「小地域ケア」、「中地域ケア」、全市レベルの「市地域包括ケア推進」の計4層の会議でつくる「いわき市地域ケア会議」を設置。「中地域ケア会議」は全市レベルと学校区・行政区レベルの間の中間層に位置し、地区保健福祉センターが主催。市内には7地区ごとに設置されています。

↓いわき市ホームページより
20190212094948931 (640x479)


平地区中地域ケア会議の委員は、山内俊明会長(当法人医和生会理事長)を含め15人(※2)。本年度最後の会議は3月7日に開かれました。


※2
平中地域ケア会議委員1 (640x320)
平中地域ケア会議委員2 (640x290)

● 認知症講座の内容 年度明けに高校側に提案
前回の会議で高校生と連携した認知症講座を開きたいという来年度計画案が出たのを受け、事務局の平地区保健福祉センター職員から市内の高校に相談した経過を報告。同校側は地域貢献と学びの機会になると前向きな反応だったと感触が伝えられ、地元の城山地区住民と定期的に交流する同高の家庭クラブの熱心な福祉活動も共有されました。年度明けに具体的な認知症講座のプログラムをあらためて同高に提案する方針を確認しました。そのほか、市内各地区の中地域ケア会議で展開されている、認知症在宅ケア講演会や「いきいき健康塾」、小学生向けの認知症声掛け訓練といった活動が共有されました。

● 地域住民らの連携支援の事例を共有
平地区保健福祉センターでは本来の係ごとの事務の他に係横断的なチーム制により地域課題の調査や個別ケース支援に関する協議等に取り組んでいます。今回この取り組みで協議された事例の中から、地域住民らが連携して要支援の親子をサポートした事例が報告されました。

● 委員から様々な意見
各委員から「この連携を通して、住民は認知症と権利擁護の理解を深められたのではないか」「こういった地域で支える好例を広く伝えた方がいい」と意見が出ました。そのほか、委員は市内の高校に提案する認知症講座のプログラムについて協議。年間を通して「認知症サポーター養成講座」「専門職による講座」、実践的な「声掛け模擬訓練」を段階的に開催する方針を確認した上で、委員からは「去年実施した『認知症声掛け訓練』を生かしてほしい」「家庭クラブと交流のある地元住民にも参加してもらってはどうか」「平地区には大学もあるので一緒にできないか」といったアイデアが出ました。各専門職が学校向けに何を講話できるか、各委員がそれぞれ持ち帰り次回会議に向けて検討することとしました。

DSC_1637 (640x427)


【関連情報】
「いわき市地域包括ケア推進会議とは(いわき市ホームページより)」:http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1001000000097/index.html

【いわき市地域包括ケア推進会議の関連記事】
2018年度:http://ymciwakikai.jp/blog-category-39.html
2017年度:http://ymciwakikai.jp/blog-category-35.html

【医和生会フェイスブック】
いわきの医療・福祉の現場を取材した記事を週5回発信しております。


【医和生会LINE】
山内クリニックの診療情報を中心に発信しています。
友だち追加

【医和生会インスタグラム】
ご利用者様の笑顔などの写真をお届けしております。
医和生会インスタグラム

【医和生会YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCFBnEf7A1bN4_rDoKO6i9zA

【読者アンケート】
https://goo.gl/forms/vK2DhfwxAQOzwuyC2

コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント

カテゴリ