やがわせ全体ミーティングを行いました

皆さま、こんにちは。
本日はやがわせデイサービスでの全体ミーティングについて、紹介いたします。
以前Facebookでも簡単にお伝えしましたが、どのようなミーティングだったのか、もう少し詳しくお話したいと思います。

やがわせの全体ミーティングでは、職員が持ち回りでテーマを決め、そのテーマについて勉強してきたことを発表します。今回も3人の職員から発表がありました。


まずは、「地震時における対応マニュアル」についてです。

図1

図2

図3

医和生会では、地震発生時どのように行動すればよいか、事細かにマニュアルが定められています。
それに則り避難等をしますので、職員はマニュアルに目を通しているのですが、今回は新人職員も入りましたので、全員で再確認しました。

話し合いをし、問題点に上がったのが通路のことです。日頃から整理整頓は心がけているのですが、荷物で通路が塞がれていることがあるのも事実です。

常に、「通路には荷物を置かず避難経路を確保する」ということを意識することとしました。


次に、車いすからの移乗が困難な利用者様の移乗方法についてです。
対象となる利用者様は、デイサービスを利用されるまではほぼ一日寝たきりの生活をされていた方で、デイサービスでも午後になると、ベッドで休まれています。

移乗は、「車いすからベッドへ」ということを想定して練習を行いました。
移乗はまず安全のため、必ず二人で行うこと。また、足を伸ばしたりすると痛みの訴えがあるので、それを考慮し、足が地面に接地することがないように、そのまま体全体を持ち上げるような感じで行おうということを確認し合いました。

図4

図5

[広告] VPS



最後に、要支援の利用者様は月に一回、握力や片足立ちなど体力測定を行うのですが、その正しい測定方法について発表がありました。

図6

図7

[広告] VPS


↑こちらの動画でもありますように、「握力測定は立って行う」など、細かなルールを改めて再確認することができました。

全体ミーティングで職員間で共有した知識を、今後の業務にも活かしていきたいと思います!


コメント

非公開コメント

医療法人 医和生会

当ブログやフェイスブックを通して医和生会の情報のみならず、地域医療・福祉や地域連携に関する記事も紹介しています。市内外の人に有益な情報になることを意識し、週5回ほどのペースで試行錯誤しながら発信しています。

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当ブログやフェイスブックを通して医和生会の情報のみならず、地域医療・福祉や地域連携に関する記事も紹介しています。市内外の人に有益な情報になることを意識し、週5回ほどのペースで試行錯誤しながら発信しています。

最新コメント