FC2ブログ
  • いわき市草野地区のお年寄りの集いの場「たっしゃか草野」が13日、草野地区公民館で開かれました。平地区の医療や介護福祉の専門職有志が、病院から在宅療養へ移る患者の支援を描いた劇「家で暮らしたい」を旗揚げ公演。医師や薬剤師、介護支援専門員(ケアマネジャー)らが本職の役で出演し、患者と家族とのやり取りを実際のように再現。イメージしにくい「在宅療養」の現場を、住民に実演し伝えました。● お年寄りの孤立化防止へ... 続きを読む
  • いわき市の「在宅医療」推進のため、いわきの医療・介護福祉の最前線で働く専門職は課題をどう認識しているか―。医師や歯科医、薬剤師、看護師、介護支援専門員(ケアマネジャー)ら56人がこのほど、いわき市の中央台公民館に集まり、講座やグループワークを通して情報共有しました。「在宅医療を推進する上での課題」をテーマにしたディスカッションで、意見の多さで見ると6グループ中半分が「市民への啓発・教育」を鍵とした課題... 続きを読む
  • 医和生会の職員が7日、いわき市生涯学習プラザで、平第一方部の民生委員に「地域連携」の取り組みを紹介しました。民生委員は「悩む住民の発見」の重要性をあらためて確認し、医療、福祉の現場との連携に理解を深めました。● 「地域包括ケア」で重要な役割担う民生委員同方部民生委員会での講話。民生委員7人が出席し、医和生会地域連携室の中野美奈科長(居宅介護支援事業所)が講話しました。前半は「地域包括ケアシステム」につ... 続きを読む
  • 「地域包括ケアシステム」を推進するための課題は―。「地域連携」を研究しているいわき市のいわき明星大看護学部の小林紀明教授(52)は、キーワードに「介護支援専門員(ケアマネジャー)の能力格差」「教育」「終末期の考え方」などを挙げられました。インタビュー企画の最終回です。―小林教授が研究するケアマネジャーの能力差も地域包括ケアを推進する上で課題か?そうです。一部研究でも言われていますが、ケアマネジャーの能力が... 続きを読む
  • 「地域連携」を研究しているいわき市のいわき明星大看護学部の小林紀明教授(52)。医療福祉になじみのない方は、「地域包括ケアシステム」という言葉を聞いても分からないかもしれません。それは一体何で、なぜ必要なのか―。超高齢社会を乗り切るために必要とされるそのシステムについて、小林教授におうかがいしました。2回目の今回は、一問一答で紹介します。―地域包括ケアシステムとは?現在の医療機関は、増加した医療費を抑制... 続きを読む

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント