FC2ブログ
  • 「事故物件住みます芸人」の松原タニシさん(36)を招いたトークライブが来月2月20日(水)午後7時から、いわき市総合保健福祉センターで開かれます。「孤独死」をテーマにしたエピソードが披露された後、市内の訪問診療医師と市地域包括ケア推進課の職員を交えたクロストークも。一人暮らしの高齢者世帯が増える中、「孤独死」の受け止め方を考える内容です。● 松原タニシさん、医師、市職員のクロストークも松原さんは30歳から計7件... 続きを読む
  • 介護職員が腰痛予防を学ぶ研修会がこのほど、いわき市のいわき芸術文化交流館「アリオス」で開かれました。当法人の通所リハビリテーション管理者の理学療法士・菅波成年も講師の一人を務めました。参加者は介護技術だけでなく福祉用具の使い方も学んで腰痛予防に理解を深めました。↑福祉用具の使い方を説明する菅波● 講義と実技 「原因と対策」学ぶ研修会は福島県理学療法士会が主催。腰痛が原因の離職が多い介護職者に技術と知... 続きを読む
  • 「いわき病院」の移転で内科が無くなる予定のいわき市平・豊間地区の住民がこのほど、豊間団地集会所で、当法人医療部の齋藤百合子部長を講師に招いて在宅医療を学びました。住み慣れた豊間地区で安心して暮らし続けられるよう、住民は「地域包括ケアシステム」や、訪問医療、介護サービスについて理解を深めました。● 豊間団地管理会 初の勉強会豊間地区は1919(大正八)年に誕生した県立結核療養所を前身とする「いわき病院」が... 続きを読む
  • 「市民の健康づくり」を推進するため、地域でボランティア活動を実践する「いわき市健康推進員」の育成支援研修会がこのほど、市総合保健福祉センターで開かれ、当法人山内クリニックの山内俊明院長が「心臓を守るために生活習慣で心がけること~高血圧をはじめとする循環器疾患の病気の理解と予防」をテーマに講話しました。参加した推進員約65人は、血圧や心臓に関する健康面の注意を確認しました。↑高血圧をテーマに講話する山... 続きを読む
  • 福祉の心をはぐくむ「いわき・ふれあい・ふくし塾」が来月1月まで計6回、いわき市平地区のいわき産業創造館で開かれています。高齢者、障がい、育児、ボランティアなどをテーマにした講座を通し、市民が福祉の課題に関心を深めています。12月の講座内容は「里親」。参加者は里親制度を学ぶとともに、里親の体験談や里子の作文に耳を傾けました。● テーマは高齢者、障がい、育児、ボランティア「ふくし塾」は市保健福祉課が主催し... 続きを読む

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント

カテゴリ