FC2ブログ
  • 直接体外から胃に管を通し栄養を入れる「胃ろう(PEG)」や在宅医療をテーマにしたフォーラムがこのほど、いわき市のいわき芸術文化交流館「アリオス」で開かれました。北海道函館市の北美原クリニック理事長で医師の岡田晋吾さんが、数多くのケア事例も交えながら在宅胃ろうと栄養管理について特別講演。福島県内の言語聴覚士ら6人も一人一人、摂食嚥下などに関するケア事例を発表して共有しました。↑「みんなが楽する在宅胃瘻(ろう... 続きを読む
  • 新聞やテレビでも取り上げられ注目を集めている介護法「ユマニチュード」。人間の尊厳を重んじ「見る」「話す」「触れる」「立つ」を軸にしたこのケアによって、認知症者も魔法のように変化するといいます。その「ユマニチュード」を学ぶ講演会がこのほど、いわき市文化センターで開かれました。音声機器での記録や写真撮影も禁止された講演会でしたが、関係者のご厚意により、聴講者の感想として書くことで撮影を含めた取材許可を... 続きを読む
  • 「食」をテーマに介護を考える「いわき食介護研究会」がこのほど、いわき市のかしま病院で開かれました。講師を務めた常磐病院の外科医で医学博士の神崎憲雄さんが「食べることは生きること」と題して講話。直接体外から胃に管を通し栄養を入れる「胃ろう(PEG)」や摂食嚥下(えんげ)治療に携わる神崎さんは、延命措置と見られ敬遠されるようになった「胃ろう」を「すべて悪だと思わないで」と警鐘を鳴らすとともに、生活の質の向上... 続きを読む
  • 「介護サービスや受診の支援をしたいけど、本人が拒否して受け入れてくれない」。そのような葛藤を抱える相談支援関係者はいませんか? 「セルフネグレクトと介入拒否」をテーマにした研修会がこのほど、いわき市文化センターで開かれ、講師は「『支援しようとしているのに受け入れないのはありえない』と思わず、介入拒否を責めないで」と呼び掛けました。参加者は「拒否」を受け入れ、その理由を探りながら関係づくりに時間を掛... 続きを読む
  • 在宅医療出前講座「文化講演会」が25日(日)午前10時から、いわき市の赤井公民館で開かれます。当法人山内クリニックの山内俊明院長と、草野医院の草野景一院長、平地域包括支援センター管理者の吉田郁子さんがそれぞれ講演。寝たきり予防や認知症、地域包括支援センターについて理解を深めます。● 山内院長は寝たきり予防について講話山内院長は「将来に備えよう~寝たきり予防の為に今できること~」と題して講演。要介護・要支... 続きを読む

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント