FC2ブログ
  • いわき市の障がい児通所支援施設の職員が交流する「懇談会」がこのほど、同市の児童発達支援センター「わくわくキッズ」で初めて開かれました。施設での悩みを共有して互いにケア力を高め合い、いわき全体の支援力を底上げする狙い。参加職員は「サービス報酬請求の注意点」や障がい児療育で参考になる「氷山モデル」を学んだほか、事業所での困り事をグループワークで共有。「感情のコントロールができない子の接し方」「暴れる子... 続きを読む
  • いわき市の出産・子育て支援団体が一堂に会する「こども♡あいネットフェア」がこのほど、同市のいわき芸術文化交流館「アリオス」で開かれました。来場した親子連れは子ども向けの多彩なワークショップや育児相談窓口に立ち寄り、支援団体と情報交換していました。↑オランダから訪れたサンタクロースの起源とされる聖ニコラス「シンタクラース」● 今年で7回目「こども♡あいネット」はいわき市内の出産・育児支援に携わる17団体で... 続きを読む
  • 赤ちゃんを心地よくさせる抱き方「まぁるい抱っこ」のおさらい会がこのほど、いわき市の「ひらくぼ内科コミュニティハウス皐月庵」で開かれました。参加した母親5人は、赤ちゃんの背骨の発達をさまたげない抱き方や、多彩な抱っこひもの特徴を理解しました。● 辻さんの受講生有志が情報交換「まぁるい抱っこ」は赤ちゃんを安心させ、抱き手は肩や腰にあまり負担が掛からない特長があります。一般社団法人育母塾の代表理事で正看護... 続きを読む
  • いわき市では発育・発達の節目の時期(4か月、10か月、1歳6か月、3歳)に乳幼児健康診査が実施されています。市民の健康維持のために地域に出て行こうと当法人山内クリニックの家庭医・岩井里枝子医師が今年4月から健診医として携わっています。●赤ちゃん・お母さんと向き合う岩井医師は、平・内郷・好間・三和・小川・川前の計6地区の10か月健診を年に6回担当しています。7月24日は総合保健福祉センターで健診が行われました。赤... 続きを読む
  • いわき市こどもみらい課は妊娠、出産、育児を支援するアプリケーション「いわきおやCoCo(ココ)アプリ」の運用を始めました。健康診断、予防接種などの情報が届き、妊婦や子どもの健診結果も記録、管理できます。子育てイベントに加え、近所の病院や幼稚園・保育園なども検索でき、地域の子育て情報の収集にも一役買います。アプリ運用と合わせ、ホームページ「いわき市子ども・子育て支援サイト」と冊子「こどもみらいBOOK」もリニ... 続きを読む

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント

カテゴリ