FC2ブログ
  • 助産所と医療機関の連携推進を考える研修会が20日(土)午後1時から、いわき市平地区の「こみゅーん助産院」などの遠隔会場と東京都の日本助産師会館の本会場で開催されます。フィンランド発の出産・子育て支援体制をモデルにした「いわきネウボラ」(※)が昨年始まり、市内の助産師でつくるNPO法人「こみゅーん・うぃず・助産師」の草野祐香利理事長は「周産期医療の整備や『いわきネウボラ』の充実は地域の課題」と語ります。研修会... 続きを読む
  • アニマルセラピー効果のあるメンタルコミットロボット「パロ」がこのほど、当法人の認知症対応型通所介護「まごころ」デイサービスに8日間“いそうろう”してご利用者様の心を癒やしました。愛くるしい動きを見せてなつくアザラシ型の「パロ」をなでたり抱っこしたりしたご利用者様は、安らぎを感じていました。● モデルはタテゴトアザラシの赤ちゃんパロは2002年、世界で最もセラピー効果のあるロボットとしてギネスブックに認定さ... 続きを読む
  • 地域の安全を支えているいわき市消防団が6日、市内各地ではしご乗りを披露し、日ごろの訓練で培った技と度胸、地域を守る心意気を市民に示しました。毎年消防団員は減少傾向にありますが、消防団は支え合う地域づくりに欠かせない存在。お年寄り宅を巡回して安全を呼び掛ける活動にも取り組んでいます。団員減少に歯止めをかけようと市もサポート事業に力を入れています。● 減少している消防団員公益財団法人「日本消防協会」のホ... 続きを読む
  • 障がい者たちを大災害からどう守るか―。「災害時の要配慮者支援を考える学習会」が20日、いわき市総合保健福祉センターで開かれました。講師は障がい者分野の防災研究の第一人者として知られる国立障害者リハビリテーションセンター研究所(埼玉県所沢市)の北村弥生さん。障がい児・者の災害対策を考える講演と、避難時の課題や対策を議論するワークショップを通し、参加者は自分自身や障がい者たちを守る防災意識を高めました。ワ... 続きを読む
  • 福祉をテーマにした映画鑑賞イベント「フクシネマスペシャル」が1月7日(日)午後1時半から、いわき市平地区のいわきPITで開かれます。上映作品は、介護が必要になった頑固な和紙職人と韓国からきた女性の交流を描いた映画「つむぐもの」。厚生労働省がタイアップし犬童一利監督が撮影したこの作品は、介護の辛さを過度に演出せずに魅力を伝え、福祉関係者の間でも注目されています。上映後には、犬童さんや美術館、博物館の関係者、... 続きを読む

医療法人 医和生会

当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

プロフィール

医療法人 医和生会

Author:医療法人 医和生会
当法人のブログやフェイスブック、インスタグラムのページなどに掲載されております写真を転載・使用する場合は事前にご一報くださいますようお願いいたします。使用目的や場合によりましては関係者にご迷惑が掛かる恐れもございます。無断での転載や使用を禁じますので、よろしくお願いいたします。連絡先はmasahiro.nishiyama1012@gmail.com

最新コメント